タグ:旅行(その他) ( 52 ) タグの人気記事

マーストリヒト オーガニックランチ マーケット

朝、目覚めてカーテンを開けると快晴!

f0238932_04551000.jpeg
娘は、自国に帰国した同じフロアの友人から部屋の鍵を預かることができたので、別の部屋で寝ています。
起きてくる前に、シャワーを浴びてひとりでゆったりハーブティータイム。


お昼ごろ、お天気もいいので旧市街へお散歩に行きましょう。

アパートのエントランスから、敷地内を出るまでもけっこう歩くので良い運動。

f0238932_04593612.jpeg

芝生の近道。
寒い時期は土や芝生はいつもぐグニョグニョで歩けなくて、右にあるアスファルトの歩道をぐるっと遠回りしていました。
f0238932_05032527.jpeg
たまに芝生の上でピクニックしている人たちも。

プライベートエリアを出て大通りを突っ切りすぐに旧市街に入っていきます。


f0238932_05065466.jpeg


娘リクエストのお店は、ひと気が少なくなる路地に入って。


f0238932_05242256.jpeg

小さい美術館に隣接しているカフェ。
ここから入った先。


f0238932_05281077.jpeg

緑が濃くて清々しい空間。

f0238932_05432085.jpeg

お店の人たちが何かの準備中。
残念ながらお休みでした。貸切になるのかな?


それならばと、同じ通りにあるこちらのカフェもおすすめなんですって。

f0238932_05590523.jpeg

ローカル感が良い〜感じ。
早速テラス席に座りました。


f0238932_06020469.jpeg
2種類あったBIO(オーガニック)ブレックファストセットをそれぞれ。
搾りたてのフレッシュオレンジジュースにコーヒーかティー付き。


わ〜美味しそう!
見えにくいけれど、アスパラの下に10ヶ月以上熟成されたオールドチーズがたっぷり山になってます。

f0238932_06042842.jpeg
パンもカリッと中はもっちり。
下の小皿は香りの良いタルタル風。
スライスオニオンと相性が良いの。

たっぷりのハニーナッツヨーグルト。


もう1つのセットは生のザクロにグラノーラヨーグルト。

そして、ベルゲンチーズにハムとクロワッサン。

こだわりの素材らしく、ひとつひとつ噛みしめて美味しくいただきました。
見た目よりかなりのボリュームで大満足。

f0238932_20065718.jpeg


オランダチーズは、熟成度が記載されています。
若い順にヤング、ベルゲン、オールド。
熟成期間2ヶ月でもうヤングチーズ食べられちゃいます。

先日行ったチーズ工場で美味しいチーズがそんなに早くできるのかと驚きました。

ちなみに10ヶ月以上のオールドやもっとおいたエキストラオールドになればなるほど、水分も抜けてシャリシャリ感も旨味凝縮されて。

若くしっとりしてトロけるのも美味しいし。

あーもうたまらん。



戻ります。。。
ここのお店はもと消防署だったんだそう。


f0238932_20085310.jpeg

お店を出て、また路地をぶらぶら。

f0238932_20323296.jpeg
繁華街の方へむかいましょう。

f0238932_10185940.jpeg



f0238932_10154708.jpeg


市庁舎のまわりでマーケットが開かれていました。
一週間前には無事に帰国した母たちとも一緒に。


f0238932_20330653.jpeg

せっかくだから日本では食べ慣れないフルーツが欲しい。
きらきら綺麗な赤色のすっぱいベリーと…

f0238932_20355804.jpeg

1ユーロのマンゴーと生のアプリコット、チェリーを買いました。

f0238932_20373675.jpeg

正面の赤いビジターセンター前。
ちょっとした階段を上がると違った眺め。


f0238932_20412803.jpeg

ピンクのご一行様、記念撮影中! 楽しそ〜。


f0238932_20422270.jpeg


立川にある2つの駅ビルを横にして、デパート2つも含めたお店がならんでいる感じ。
例えが雑でごめんなさい。笑


f0238932_20400114.jpeg

でもレストランやカフェのテラス席の多さ…


f0238932_14021111.jpeg
カーニバルショップがあったり

f0238932_20450330.jpeg
おみやげ屋さんや

f0238932_20465421.jpeg
オランダに2店舗しかない正規店もあるし。

f0238932_20440622.jpeg
やはり立川とは違うわねぇ。

すっかり大好きな都市となりました。



気候が良いのでよく歩けるけれど、夕方少し暑くなってきました。

喉が渇いたら美味しいお水が出ているところで補給。

f0238932_14034222.jpeg

基本どこでも蛇口からのお水も飲めました。
お店では頼むと無料のお水を持ってきてくれます。


たくさんの荷物を持ってアパートへもどりましょう。

f0238932_14044884.jpeg

行きに通った芝生に戻りました。

f0238932_14053935.jpeg

夜は買ってきた白ワインとフルーツたくさん。
マンゴーにアプリコット美味しかったー♪















by parja5 | 2018-06-15 04:52 | 旅行(その他) | Comments(0)

オランダのジンとホワイトアスパラガス

ずーっと外食続き、冷蔵庫に何も食材がなかったので買い物へ行くことに。


エレベーターを降りて、スーパーのある方の出口まで遠い。

f0238932_17440612.jpeg

反対側も長い廊下が続いてます。

f0238932_17443935.jpeg

いくつもの建物がくっついている構造。
私が泊まっている建物どこかしら。

f0238932_17451695.jpeg


少し歩くとちょっとした住宅街。

エントランスに綺麗な紫陽花。
お庭も覗いたら、テーブルとチェアが2セット置いてあって、たくさんのお花が咲きおしゃれ〜 な空間でした。

f0238932_20273750.jpeg

地元感たっぷりのモール。

f0238932_20445292.jpeg

まずはたまったビンなどのリサイクル。
1ユーロちょっとになりました。
レシートが出てきて、買い物時に引いてくれます。

f0238932_20465799.jpeg

ドラッグストアでお茶などを購入後、スーパーへ。


まずはフルーツ。
3つ好きな組み合わせで4ユーロ。お得だわ〜。

ゴールドキウイ3つ、たっぷりのぶどうとフランボワーズに。

f0238932_20483639.jpeg


ミニトマトバイキングも。
2.99とあったので容器の値段かと店員さんに聞いたらびっくりされました。

f0238932_20524423.jpeg


だって、立派でしっかりとして、おっきな容器だったんですもん。
いつも日本で買っているものの3倍以上は入るの。



水やワインや数日分の食料を買い込みました。


夜は、チコリとホワイトアスパラガスの上にベーコン、ゴートチーズに余っていたパルミジャーノ、オリーブオイルのオーブン焼き。

f0238932_20575264.jpeg

極太なアスパラジュワッとしたたってほんと美味しくて大満足。

オランダのジン、ジェネヴァと。


f0238932_21571078.jpeg

炭酸で割って飲みました。


こんな時間もとっても楽しい長い夜♪
















by parja5 | 2018-06-14 17:45 | 旅行(その他) | Comments(0)

バルセロナ5日目 オランダへ

ホテルの部屋も外もインテリアはワインボトルばかり。

エレベーター内の下はコルクだし、中からも外からもワイン浸しな気分になれるhappy なホテルでした。


f0238932_22470848.jpeg
バルセロナはアムステルダム同様ホテルが割高。
その上狭いところが多くて。

私は時間かけて探しているうちに、気づけばどんどん高額に。
娘はコスパの良い十分なところを1時間くらいで決めて予約してくれます。

今回は4泊で500ユーロ、66,000円くらい。
部屋にお茶もポットも無かったけれどとても綺麗で、ワインや朝食でプラス5,000円くらいでした♪


ちなみにbooking .comはオランダ🇳🇱の会社だそうです。




さて、ホテルを出てカタルーニャ広場まで歩いて、次から次へと来る空港行きのバスに。
30分ほどで空港に到着。


すんなりと中に入り、カフェで軽くコーヒーとパニーニ。


50分くらい搭乗まで時間があったので…。


西郷どん!


日本で録画しておいてくれれば、WiFi繋げて最新のものをどこでもアプリで見られるなんて。
機械オンチの私にはどうなっているんだかさっぱりだけれど画期的なものねぇ。。


f0238932_22522179.jpeg


2時間ほど飛行の後。
窓の外にはソーラーパネルがたくさん見えて来ました。


f0238932_23060662.jpeg

そして、オランダらしいグリーン。

f0238932_23070830.jpeg


KLM航空機内でちょっと奮発して夫にプレゼントを購入。
楽しみに待っていてね〜。


スキポール空港に到着後、マーストリヒトに向かう電車に。
30分ほど乗った後、途中で乗り換えホームで。

きゃぁーーーー寒いーーー‼︎

f0238932_23104271.jpeg

バカンスな格好にサンダルの私たち。
まわりはダウンジャケットやコート着ている人も。

さらに2時間ほど南下してマーストリヒトに到着。

寒い中、バスに乗って娘が住むアパートへ。
朝10時にホテルを出て7時過ぎにようやく到着しました!


f0238932_23131051.jpeg

疲れていたので、1階にあるお店で夕食調達しましょう。

f0238932_23191605.jpeg


左はココナッツ風味。
右はアジア風のスパイシーベジ。


f0238932_23205874.jpeg

両方下にぎっしりジャスミンライス。

アッツアツに程よい辛さで、冷え切っていた体がぽっかぽかになりました〜♪






























by parja5 | 2018-06-13 22:57 | 旅行(その他) | Comments(0)

モンセラット ボケリア市場 バルセロナ4日目

朝はゆっくり起きてお昼ころに繁華街のバルへ。

f0238932_07391876.jpeg

メニューがわかりやすくてありがたい。
さすが各国から旅行客が訪れるところね。


初めにテーブルに置かれたもの。

f0238932_07480599.jpeg

朝から飲まず食わずの空きっ腹。
いくら私でもいきなりフォアグラにビールわねぇ。

待ちきれず、温かいうちにいただきました。

喉が渇いていたのでビールうまいわー。


その後も待ってみるもオーダーしたものがこない。
カウンター越しに見えている、お皿にのせるだけのものなんだけどな。

しっかりしてそうなお兄さんに言いました。
そんな時はおばちゃんである私の役目。ふふ。


やっぱり忘れられてましたー。
待った分余計に美味しい。
ケールのサラダが甘辛でgood!
f0238932_07545602.jpeg

さてこの日は電車に乗って郊外へ行きます。

懇切丁寧に切符の買い方から行き方までを日本語で載せてるサイトがあり、ほんとうにありがたい。

f0238932_07565977.jpeg

1時間ほど揺れながら、車内で左のお兄さんのように私もサングラスかけて爆睡。

f0238932_07573368.jpeg

1つ前の駅で降りて、ケーブルカーで行くことに。
こっちに向かって来ているのに乗りますよ。

f0238932_17355567.jpeg

あら、たくさんの人が乗ってる。

f0238932_17383429.jpeg

ぐんぐん上がっていき、高尾山より高いみたい。


f0238932_17392450.jpeg

気持ち良い〜〜〜。


f0238932_17402509.jpeg

岩が独特の形。
ガウディさんも影響を受けた?


f0238932_17550016.jpeg


建物の上に乗っているかのよう。


f0238932_17555002.jpeg



f0238932_19092185.jpeg


見どころのありそうな教会へ。


f0238932_18150587.jpeg


何人いるかしら。

f0238932_18162577.jpeg

またまた華やか!


f0238932_18170392.jpeg

教会の外から長蛇の列ができていて後ろにつくも、全然進まず。
諦めて列から出ようとしたら、並んだ方がとても良いようなことを言ってくれた人が。

にしても目的のところまではかなり時間がかかりそうだったので教会内へ進みました。




ん? よーく見ると真ん中上に黒いマリア様と動く人。

あーあそこまで上がってマリア像に触れることができたのねー。
右から左へと人が次々と。

f0238932_18215669.jpeg
たぶん1時間くらい並んだことでしょう。
信仰心が薄くてごめんなさい。
並ばなくてよかった。


ひとつずつ、手の込んだランタンが素敵。


f0238932_19110240.jpeg


その後カプチーノブレイクの後、ケーブルカーに乗って下ります。


f0238932_19133523.jpeg

1時間に1本しかない電車もちょうど来て、同じく1時間ほど。
地下鉄に乗り換えボケリア市場へ。


f0238932_19162559.jpeg

すごい活気。




f0238932_19393076.jpeg



f0238932_19170537.jpeg


日本ではお高めのロブスターやスカンピが新鮮そう。
海老も、貝もとろっと美味しかったなぁ。


f0238932_19372574.jpeg


あちこちで豚さんの足だらけ。


f0238932_19181317.jpeg

すぐに食べられるように売っているので、イベリコをひとカップ食べ歩き。

f0238932_19452549.jpeg


市場を出て、喉が渇いたので一杯。

f0238932_19294638.jpeg

できたてパエリアも。

f0238932_19511564.jpeg


その後またぶらぶらと。
ずーっと明るくて時間の感覚がなくなり、夜が長いわ♪


f0238932_19522033.jpeg


娘がzaraで服を買おうと入ったけれど、似合うもの見つけられず。
ならば私の服をと他のお店もまわるも、華やか過ぎてね。

f0238932_19552507.jpeg

色々なお店を覗き、よく歩きました。

カヴァが飲みたくなり、テラス席に腰をおろしたけれど、なんと売り切れ。
そう、この日暑かったものね。
左前の人がボトルで頼んだロゼカヴァが最後だったんですってー。

f0238932_19561327.jpeg
スペインはワインも安くて美味しい。

そして、またまたハモンイベリコ。
血圧上がりそう?

最高の気候に美味しいものばかりいただけて最高に幸せ。

f0238932_19585518.jpeg


翌日はオランダへ戻りまーす!









by parja5 | 2018-06-12 20:01 | 旅行(その他) | Comments(0)

カタルーニャ音楽堂 サグラダファミリア バルセロナ3日目


この日は、予定している時刻がせまっていたのでホテルにて朝食を。

f0238932_06390939.jpeg

終了時間が11時までだったので、10時半過ぎに滑り込み。
スイカが甘くて美味しい。

テラス席に日差しが入り込んで、1日天気が良さそう!

f0238932_06393630.jpeg

昨日、目の前まで訪れた世界遺産でもあるカタルーニャ音楽堂。

入口でツアーがあると知り、1時からの英語ツアーに参加することに。

時間ぎりぎりに到着してチケット購入。
student 割引きできましたよ。


f0238932_06401694.jpeg


入口のレストランからもう素敵で期待が膨らむわ。



f0238932_06414825.jpeg


ツアーの始まりはここに入ってみなで座り、紹介ビデオが流れました。

デザインはもちろんのこと、音響も良いホールでたくさんの著名な音楽家が演奏してきたそう。

f0238932_06523130.jpeg

その後ガイドさんが説明してくれます。

100年ほど前に建てられたカタルーニャのアールヌーボースタイル。

どこからでも細部にこだわっていて。

f0238932_07030877.jpeg


いよいよメインのホールへ。


f0238932_07043685.jpeg

ひや〜〜豪華絢爛、美しくてため息…。


f0238932_07055981.jpeg

ショートオペラのリハーサルの真っ最中。
ラッキーなことに少し聴かせてもらえました。
音響やはりものすごく良い。


f0238932_07070173.jpeg


こんなホールで演奏できたら、さらに気持ちのこもった演奏ができそう。

いつかコンサートを聴いてみたいっ。


その後は楽しみにしていた今回の旅のメーンイベントへ。


あら、前歩いている娘もバンザイしてる。
バルセロナはそういう気分になれるのね。

f0238932_07102942.jpeg

途中、水を買って時間があったので電車は使わず歩きました。

お散歩楽しいんですもん。
この紫の花の色がきれい。



f0238932_07563144.jpeg


バルセロナもオランダと同じくきちんとした自転車道が。

その隣に路駐車用、その奥が自動車道で私が写真撮っているところが歩道。


f0238932_07593460.jpeg


だから歩いていても安心感が違うし気持ちよく歩ける。

狭い国でもできているのだから、日本でもなんとかできないものかしら。



f0238932_07523767.jpeg


ようやく到着!

かの有名なサグラダファミリアです。


f0238932_08055483.jpeg


あれーこんな真っ白だったの?

f0238932_08081328.jpeg


工事長引いている間に塗装しちゃったのかしら〜と私達の脳まで疲れてきたので糖分補給。


f0238932_08164586.jpeg


数日前にネットでチケット購入しておきました。
日曜日はすでにいっぱいでこの日の月曜日、1番早い時間で空いていたのが4時45分。


エントランスにぐるっと回ると、がらっと変わりました。

水着みたいな服を着ているお姉さん、ずっと台の上に乗ってポーズ。


f0238932_08213813.jpeg


そうそう、このイメージ!


f0238932_08181014.jpeg


近付くほどパワーが違う。

f0238932_08240335.jpeg


今まで映像で見てきたものより遥かに圧倒される建築にびっくり鳥肌。

日本語のオーディオガイド借りて中へ。

f0238932_08272793.jpeg




f0238932_08283227.jpeg



同じような写真ばかりでごめんなさい。うふ。


f0238932_08291736.jpeg



f0238932_08304196.jpeg


太陽の光を計算されたスタンドグラス。

f0238932_08335908.jpeg

ちょうど夕方の日差しが入り込んでくる頃。

f0238932_08351825.jpeg


この自然の力を借りて美しさを考えるなんて改めて偉大なガウディさん。

f0238932_16495586.jpeg


タワーの上へ上がれるチケットにしてみました。


f0238932_16550196.jpeg

エレベーターで一気に上へ。

f0238932_16560737.jpeg

きれいな街並み。

建築途中もすぐ近く。

f0238932_16564676.jpeg

そして階段で降りる途中で見える、独特のデザインも目に焼き付けて。

f0238932_16584565.jpeg


途中かららせん階段がとても狭くなって。

下見ると怖すぎ、手すりに捕まって冷や汗。
翌日は、ふくらはぎ筋肉痛に。笑


f0238932_16592774.jpeg


想像以上の感動に出口を出るのも名残惜しいわ。


f0238932_17045290.jpeg

模型の白い部分はこれから建築予定のところ。
ほんとうに予定通りできあがるのかと皆が心配中⁉︎


f0238932_17541462.jpeg

あと十年後くらいにまた訪れたいです。


一大イベントを終えて、地下鉄に乗り。


f0238932_17062496.jpeg


前日のお昼に行って気に入ったバルへ。
ジュースみたいなサングリア。
喉が渇いているときははいいね。


f0238932_17074235.jpeg

まずはタパス盛り合わせ。
小魚がふっわふわ。

f0238932_17100680.jpeg

マッシュルームと海老のグリル美味しいー。

f0238932_17113296.jpeg

イカと海老。
ここ海老美味しくて。

f0238932_17132901.jpeg

カヴァのハーフボトル。
キンキンに冷えていて最高!

f0238932_17153020.jpeg

柔らかいテンダローインのお肉に。

f0238932_17163864.jpeg

タパスって少しずつなので居酒屋気分でどんどん頼んじゃう。

どれも日本のように素材のよさが引き立てられているお料理。
また行きたいわー。
気づけばお客さんは、アジア人たくさん。

f0238932_17174184.jpeg

デザートもしっかりいただき、お腹いっぱいご馳走様でした。


うっきうきでホテルへ戻って、フロントで一杯いただいて。

f0238932_17232228.jpeg


朝食いただいた場所へグラスを持って。

ここ、朝食時間が終わるとフリースペースになって居心地よくて。

部屋に椅子がないのでいつもここでネット繋げてました。

f0238932_17275062.jpeg


心底リラックスできた1日。
楽しかったなー。


一緒に来ることができなかった夫にも大感謝だわ〜。




by parja5 | 2018-06-11 17:35 | 旅行(その他) | Comments(0)

バルセロナ旅行 2日目 街をお散歩

あーーーん、とうとう朝までほとんど眠れず。
ホテルの部屋の目の前がクラブで、朝の5時くらいまで大勢の人たちが外でも大騒ぎ。

やっと朝になってうとうとしたと思ったら、車の通りも多く、バスの停留所が窓のすぐ下でうるさ過ぎて眠れない。

f0238932_20422789.jpeg

午前中はベッドで横になっても体がだるく、こりゃ〜だめだわ。

フロントに行って、静かな部屋に変えてもらいました。


荷物の移動は面倒だけれど、変えてもらって良かったーーー。

別のホテルのようにしーーーん。
道路に面してないだけでこんなにも違う!

f0238932_20512346.jpeg

お昼も回り、昨夜長蛇の列ができていた近くのバルへ。

カウンター席は色々な食べ物が目に入って興味津々。
メニューに迷っていたら、カウンター内にいた女性店員さんが日本人。わーい。


f0238932_20435259.jpeg


おすすめのパエリアと大きな海老のアヒージョに舌鼓。

f0238932_20443949.jpeg

すっかり元気を取り戻し、さぁ街の散策に出かけましょう。



ガウディが手がけた建築物のひとつ、カサバトリョ。
バンザイしたくなるうきうきする建物よね。 ふふ。



f0238932_21000672.jpeg

オランダとは違った街の雰囲気を楽しみながらお散歩。


f0238932_21032699.jpeg


こちらもガウディ作のカサミラ。


f0238932_21052195.jpeg

街を歩くだけで素晴らしい建築物に遭遇できる環境ってすごい。



f0238932_21075213.jpeg







f0238932_21085007.jpeg

どこを取っても絵になるから写真撮ってばかり。


f0238932_21133625.jpeg

世界遺産のカタルーニャ音楽堂。

f0238932_21244894.jpeg

こんな路地も大好き。


f0238932_21254020.jpeg


疲れたらカフェでひと休み。
オランダより暖かいので水分補給は大事ね。




f0238932_21322667.jpeg


そしてまたお散歩。



f0238932_21333735.jpeg


カタルーニャ大聖堂に出ました。
中に入れそう。


f0238932_21383464.jpeg



こんなロマンテックな場所で自転車デートいいわねぇ。


f0238932_21403220.jpeg

どっひゃー華やかーーー。

f0238932_00094218.jpeg
まばゆいっ。


f0238932_00241118.jpeg




f0238932_00250358.jpeg

何人か並んでいる列があったので私たちも後ろに。

年季の入ったエレベーターに乗ることになり、上へ。


f0238932_00372606.jpeg


広い空間。
教会の屋根の上からバルセロナが見渡せます!


f0238932_00433713.jpeg





f0238932_00453013.jpeg

豪華客船が見えるところが海なのね。


f0238932_00462363.jpeg

教会を出てお散歩続けましょ。

こちらのお店混んでいて日本語記載があったので、カカオニブスを買ってみました。



f0238932_01103538.jpeg



アヒル専門ショップ。
自由の女神ダックってカッパに見える。笑

f0238932_01095387.jpeg


突然雨が降ってきました。

余りお腹も空いていなかったけれど、近くのお店へ駆け込んで。


f0238932_01140926.jpeg

あらーピンチョス。
勝手に好きなもの取れるのは嬉しい。


f0238932_01163625.jpeg


雨も上がり、カロリー消費にまたお散歩しましょう。



f0238932_01175064.jpeg


楽天がサッカーチームを持っているとは知らなかったわ〜。
ワールドカップ中?



f0238932_01185797.jpeg



少し歩くとまたまたガウディ作の建築物、グエルパレス。



f0238932_01210407.jpeg


母たちがマーストリヒトのマックで冒険したタッチパネル。

フレッシュオレンジジュースにクロワッサンがあるのね。



f0238932_01335782.jpeg


いつまでも飽きずに楽しくお散歩できそうなバルセロナ。

ホテルに戻り、心地よい疲れを癒してくれる一杯。


f0238932_01483381.jpeg


ワインホテルのようで、かなりの種類のワインを部屋でもどこでも気楽に試せる、私たちには最高のホテル♪



午後から歩いて14,000歩越えてました。

オランダでは2万歩続きだったので、バルセロナでは少しゆったりと過ごします。

翌日が待ち遠しい♪








by parja5 | 2018-06-10 02:32 | 旅行(その他) | Comments(0)

お別れスキポール空港の後 さあどこでしょう

いよいよ母たちが日本へ帰国する日です!

朝部屋のカーテンを開けると、豪華客船が到着していました。


f0238932_04542199.jpeg


右側は電車越しにアムステルダムの街並み。



f0238932_04565501.jpeg



駅までのシャトルバスが満席で乗れても1時間後、タクシーも時間読めないし、予約すれば良かったのかな。


そもそもアムス在住ではないし、前回私は違う都市から帰国したのでと母たちに言ってもわかってもらえないのよねぇ。


常に娘がGoogle mapでトラムの番号や電車はもちろん、道の行き先も調べてくれていたのは気付ずいておらず、アムステルダムは庭だと思っていたかも〜。はは。

駅で電車のチケットを買ってあげて時間通りに空港へ到着。

覚悟していたより混雑していなくてよかったー。



航空券を持っていないと、ゲートまで一緒に中に入れません。


荷物のチェックインまでは前回入れたけれど、同行できるのは1人までと言われて娘が付き添って中に入り、私は締め出され待機中。


f0238932_05021540.jpeg


しばらく経って娘から、母たちと別れたとライン。

そろそろどうしたかなと、空港のフリーWi-Fiを繋げたところでした。


娘に入ったところと同じところから出てきてもらって正解。



私が1人で入れそうな所から入って、中で合流してゲートでお見送りできないかなーと考えていました。


実は、母たちが乗る日本便と同じ時間帯の他国行きの渡航チケットを取ったから!


中に入ればみな一緒に出国審査受けるでしょう。


私の考えは浅はかすぎでした〜。


もちろん日本へ帰国するには出国審査必要です。


私たちが航空券を取った国は、シェンゲン協定でパスポートすら見せる必要もなく、荷物もリュックだけだったので入口もゲートも全く違ってあっさり通過。


どたばただったので、安全そうな国と母たちの便と同じ時間帯で予習のいらなさそうな国しか考えていなかったわー。



f0238932_05054883.jpeg

オランダダッチのお土産コーナー。



f0238932_05163127.jpeg


ホテルで朝食つきにしなかった私たちは、旅を大満喫した満腹の母たちを空港に送り届けることを目標達成した途端にお腹すいたー。


f0238932_05214508.jpeg

開放的な空間でようやくほっとできて。
クスクスサラダの美味しかったこと。


f0238932_05274345.jpeg


2人でのご褒美旅行始まります!

小さめの航空機の窓際の席に搭乗しました。


f0238932_05321416.jpeg


予定時刻を大幅に遅れ、1時間後に離陸して山を越えて。
簡単な機内食も出て。

日本でダウンロードしてきた西郷どんみて。


f0238932_05300751.jpeg


あっという間。
2時間で到着!


f0238932_05360722.jpeg

空港出るとすぐにバス乗り場があり有名な広場へ。

f0238932_05454205.jpeg



想像以上に活気のある都市。
建築物にも圧倒されています。


f0238932_05442225.jpeg

娘が見つけてくれたホテルにチェックイン。

ウェルカムワインに美味しいカヴァをいただきました。


f0238932_05480578.jpeg


部屋に荷物を置いて。


f0238932_05520269.jpeg


ホテル近くのカフェテラス席で軽い夕食。
サーモンにイベリコ豚尽くしよー。

f0238932_05543531.jpeg


どこでもワインとハモンイベリコ美味しいーーー。


さぁ、どこだかおわかりでしょう?


スペインのバルセロナにやってきました!

ようやく旅行気分。

きちんとしたベッドできちんと眠る予定です♪





by parja5 | 2018-06-09 04:50 | 旅行(その他) | Comments(0)

マーストリヒトおばあちゃんたちの大冒険

母と友人のY子さんと私で娘の留学先のオランダを訪れ、4人の旅も5日目。

私が宿泊した娘の寮から2人でバスに乗り、12時に母たちのホテルの部屋へ。


f0238932_03553061.jpeg
午前に気づいたとき、Y子さんからラインが。
ブティックでクレジットカードが使えず、気に入った服が買えなかったと。


前日の私たち会う前の午前中に、2人で散策中に見つけて気に入ったお店。

一緒に付き添って欲しいとその日の夕方、お店を間違えるなどのハプニングがありながらも、Y子さんがブラウスをようやく購入できたお店でのこと。


もう終わったと思っていたのに、洋服好きの2人はもっと他のものも欲しくなり、知らぬ間にまたまたそのブティックに訪れていたのです。


まぁそのことは後で考えることにして、まずはブランチにカフェへ。


f0238932_07384068.jpeg

オランダ料理のエルデンスープを飲みたいと思ったら、メニューに無くてホワイトアスパラのスープとオニオンスープ。

器の中にパンとオニオンぎっしり、上にチーズもたっぷりで味も濃い目でオニオンお腹にたまります。

アスパラは優しいお味でそれぞれみんなナイスオーダー。

f0238932_07403035.jpeg

マーストリヒト名物スイーツ、フライ。
母の好きなアプリコットをひとつ、みんなでわけっこ。

f0238932_04455517.jpeg



この日は市庁をぐるっと囲んでマーケットの日。



f0238932_16474352.jpeg

さすがお花の国、花束持っている人多い。



f0238932_16502839.jpeg




f0238932_16512917.jpeg


あら、半年前に訪れたときも、この方々が演奏していたわ♪


f0238932_16531954.jpeg


前日の夜、母たちはお腹いっぱいで夕食入らないと行っていてのでホテルの部屋で別れました。


しばらくしたらお腹が空いてきて、すぐ近くのマックに行ってみたそう。


タッチパネルで注文だから大丈夫と思いながらも、うまくできず。

親切な店員さんが助けてくれて食べたいものが食べられ、大冒険できたと大喜びで話していました。ふふふ。



f0238932_16553349.jpeg


さて、その問題のブティックに私たちと一緒に行きましょうか。


午前中にうきうきで、さんざん試着したりサイズを出してもらったりして、レジで購入しょうとしたら母たちのクレジットカードは使えず店員さんも含めてみんなでがっかりしたと。


ユーロキャッシュも全て使い果たしているので現金払いもできない2人。


娘のユーロカードで無事に、お揃いの色の服をゲットできました。ふうぅ。


こちらの人は、大抵の人が使う銀行のデビットカードもクレジットカードというので混同してしまいます。


それを話しても母たちにはわからないけれど、とーーーっても嬉しそうだったから良かった。

しっかり円で換算して、いただきましたよ!





さて、お昼にチェックアウトを済ませ、荷物を預かってもらっているホテルへ。

とても感じの良いおしゃれで立地の良いおすすめできるホテルでした。
五つ星ホテルも価格はアムスの半額くらい。

母たちもアムステルダムよりマーストリヒトの方が断然お気に入りに。


f0238932_17044305.jpeg


さあ、母たちの帰国に向けて空港により近いアムステルダムへ向かいます。
本当は違う都市に行きたかったけれど、旅行会社のパックは同じ都市に3泊以上しなくてはならず。


マーストリヒトから電車で2時間半。

f0238932_17074418.jpeg


農業酪農大国。
綺麗な景色を見ながら、飽きたら私の写真を持参したiPadで見せてあげたりして大爆笑。


f0238932_17064498.jpeg

今回はトラブルなく無事にアムステルダム中央駅に到着。

トラムに乗ってホテルへ。


f0238932_17093048.jpeg


私たちも、近くにホテルが無かったので日本で同じホテルを取りました。

眺めが最高!

f0238932_17110432.jpeg



夕食は、もう十分オランダ旅行を満喫した母たちはアムステルダムの繁華街には出たがらず、ホテルのレストランへ。


f0238932_03173141.jpeg

娘はカレー風。


f0238932_03194325.jpeg


私は仔牛の煮込み料理。



f0238932_03203875.jpeg


ワイン2本とデザートにと、翌日帰国する母たちとの最後の晩餐です!


f0238932_03214061.jpeg


その後2人のお部屋でおしゃべり。

私たちの部屋にはバスタブがついていなく、満室なので変更もできませんでした。
最低価格の一泊42,000円以上もするお部屋とはとても思えず…。 笑



でも、母たちは日本の旅行会社で取ったせいかバスタブ付き。


f0238932_03092783.jpeg


お陰で、娘は母たちの部屋のバスタブを借り、半年ぶりにお風呂に浸かることができたのでした♪

疲れがとれたかな。
長いお風呂だったわ〜。




by parja5 | 2018-06-08 18:44 | 旅行(その他) | Comments(0)

オランダ最古の都市マーストリヒト観光 4日目

マーストリヒトでの朝はゆっくりめ。

母たちはアムスのホテルでは豪華朝食付きだったので胃が疲れると思い、マースでのホテルは朝食抜きで予約しました。


前夜ホテルの部屋へ送り届けた時に、日本から持ってきた味噌汁の素とカップそうめんを渡しました。

余りにも美味しかったらしく、日本に帰国したら早速買いに行くそうです。笑



この日はゆっくり午後の1時半に待ち合わせ。



午前中は私たちの方は色々とどたばた。
朝から何も食べる暇なく、12時半過ぎにブランチを食べに市街地へ。


f0238932_06235091.jpeg


すぐにお料理出てくるベーグル屋さんへ。


f0238932_06253788.jpeg

お食事も甘いラズベリージャムにクリームチーズ、ジュースもコーヒーもと全てをみたしてくれたメニューがあったのは嬉しい!


f0238932_06384898.jpeg

その後走って待ち合わせ場所の橋の上へ。
ちょっとだけ遅れてしまい、心配していたよう。



f0238932_06421842.jpeg

母たちは午前中、ホテルのある新市街のお店を見て歩き、カフェでカプチーノも飲めたと嬉しそう。



私の泊まった娘のアパートは旧市街の端なので、ホテルからは歩くと40分以上かかります。


旧市街にはまだ足を踏み入れていない母たちと散策開始。



f0238932_06434635.jpeg

ふるーい城壁。


f0238932_06482146.jpeg

この門は地獄門といわれているんですって。
1229年にできたそう。

最古の都市の歴史は古いっ。



f0238932_06511997.jpeg

地元の聖母マリア教会。


f0238932_06554970.jpeg

どっしり落ち着いた厳かな雰囲気。



f0238932_06571854.jpeg


f0238932_06583938.jpeg


歩き疲れた時はカフェへでひと休み。

マンゴーミントスムージー。

f0238932_07012477.jpeg

世界一美しいと言われている本屋さんの一角にあるカフェで。



f0238932_07021429.jpeg


ゆっくり休んだ後は娘が1学年通った大学へ。
街の中に学部ごとに散らばってあります。



f0238932_07465823.jpeg


入口の緑の門をくぐった先。





f0238932_07495277.jpeg




f0238932_07520171.jpeg

最終のセメスターも終わり、夏休みに入るので校内がらがら。

奥は表から想像できないくらい広い。

屋根の装飾が綺麗な教室もあったり、アメリカとはまた違った雰囲気。


f0238932_08151290.jpeg


前回はクリスマスシーズンで閉まっていたので今回、母たちとも一緒に見学できて良かった。


娘も最終レポートを提出し、私と一緒に日本へ帰国となります。
最後だからと記念にたくさん写真を撮りました。


その後は市バスで娘の学生専用アパートへ。
母が話だけでなく見てみたかったと。


前回の部屋は半年契約だったので、同じアパート内の4階から3階の違う部屋に移っていました。

エレベーターを降りるとワンフロアで左右に分かれ鍵がないと入れません。


右も左も同じような造りだけれど、景色が違いそう。
それぞれ20人くらいすんでいます。


学生には十分に生活できるよう、生活用品が用意されている上にセキュリティもしっかりして安心できるところでした。




部屋で少しおしゃべりの後、駅行きの市バスに乗り母たちをホテルの部屋へ送り届けて。


この日はこれにて私たちお役御免!



別れた後に、娘と2人でかんぱ〜い♪



f0238932_08345461.jpeg



ビールが150種類以上の種類がある、娘の行きつけのお店。



f0238932_08164348.jpeg
ベルギー風ミートボール。

味が昔食べた、マグロかなにかを固めた四角くて、アルミホイルみたいなので包まれたおつまみの味がする〜。
カツオのような香りもするし。


f0238932_08173705.jpeg

左上のサラダは、豆腐1丁くらいのゴートチーズに、ハニー漬けの大きなイチジクやナッツ。

ポテトにパンにとお腹いっぱいになってしまい、ビールが2杯しか飲めなかったわ。

ドラフトのチェリービール美味しい。




f0238932_08194812.jpeg

10時くらいでも明るい。

30分ほどお店を出て歩いたけれど、疲れて私だけひと停留所分バスに乗りました。




f0238932_08182397.jpeg

毎日2万歩も歩いて、モーラステープが手放せない。笑












by parja5 | 2018-06-07 23:06 | 旅行(その他) | Comments(0)

アムステルダム現地風車ツアー オランダ旅行3日目



目覚めると快晴!

f0238932_08044264.jpeg


この日はマーストリヒトへ移動するので2泊したホテルをチェックアウト。
母たちのホテルへお迎えに行きチェックアウトして、全員分の荷物を預かってもらいました。

泊まってもいないのに、このロビー何回行き来したかしら。

f0238932_08073467.jpeg


さぁ移動する前に、日本で予約しておいたバスツアーに参加します。

ツアーのピックアップ場所には駅の反対側から出るフェリーに。
自転車もバイクも乗り込んでます。

f0238932_08173679.jpeg
アムステルダムのオランダ人は背の大きな男の人たちが多いっ。

f0238932_08094175.jpeg
5分ほど乗って降りると別世界。
雰囲気が変わって近代的なビルばかり。

f0238932_08200249.jpeg

タワービルの1階で受付後、バスツアーの始まりです!
日本語は全く聞こえないので静かになると思いきや、ずっと2人で景色に感動してマシンガントーク。



f0238932_18381063.jpeg

とても親切なおじさまガイドさん。
バス中ずーっと説明してくれて優しい声なので、母たちは機械のアナウンスが流れっぱなしだと思っていたそう。

英語、スペイン語、ドイツ語を順番に同じことを話していくのでほんと喋りっぱなしでお水を差し上げたくなります。


まずはチーズ工場。
日本でも有名なゴーダチーズです。

f0238932_18385994.jpeg

独特の製法で冷蔵しなくても日持ちします。

f0238932_18454916.jpeg


お土産やさんなので若干高めだけれど、日本よりは遥かにお得。
たくさん試食して数年もののシャリシャリ感のあるゴートチーズをゲット。

f0238932_17325423.jpeg


途中フォトスポットにバスが立ち止まって。


f0238932_05305916.jpeg

全く水らしきものは見えなかったのに、丘を登ると海!
遠くに見える街に向かいます。

f0238932_05434915.jpeg


漁師の町フォーレンダムに到着。

f0238932_05445409.jpeg
可愛い街並み。


f0238932_05575850.jpeg



f0238932_05491118.jpeg


ガイドさんが裏地を少し案内してくれました。
左の方がガイドさん。

住人の方とお友達のようで地元感がいいわ〜。


f0238932_06561647.jpeg


写真撮るのを喜んでくれポーズを取る可愛い子。


f0238932_06572665.jpeg

わんこまで写真慣れてる!


f0238932_06334787.jpeg

ゆったり過ごせそうで羨ましい。

f0238932_06372272.jpeg

クルーザーで優雅な日光浴♪

f0238932_06422561.jpeg


その後は海抜の低い地が多いエダムへ。



f0238932_06483947.jpeg

ここの町がとても気に入りました。
写真を選ぶの難しいっ。



f0238932_06582829.jpeg

f0238932_07005876.jpeg


f0238932_07015273.jpeg

赤いシャツを着た英語を話す方、自由な動きをする母たちを優しく気遣ってくれて。


f0238932_07050550.jpeg

この傾いた古い建物は観光名所。

f0238932_07225919.jpeg

ガイドさん、異なる言語のグループごとに要所要所説明してくれます。

最低でも4言語使えるのに、娘が母たちに訳しているのを気づき日本語話せないからありがとうって。


f0238932_07243489.jpeg

その後またバスで移動して、楽しみしていた町ザーンセスカーンスへ。

いよいよ風車よ!

f0238932_08390261.jpeg

まずは木靴つくりのデモンストレーション。
昔は手作りだったのが、今では5分で1つ作れるとか。


f0238932_07313811.jpeg

デザインも色々。
飾りだけでなく履くこともできますよ。

水の土地だから中にしみない木の靴ができたのですねぇ。

f0238932_07341431.jpeg

さぁ、まちに待ってました!
前回の訪問で見れなかった風車です。


f0238932_08305328.jpeg
ピクニックも絵に描いたよう。


f0238932_08334737.jpeg

画家はモチーフに事欠かなかったと容易に想像できますね。


f0238932_08401103.jpeg

夢のようなオランダの郊外の風景からから、朝バスに乗ったビルに戻りました。




アムステルダム中央駅にフェリーで戻って、ホテルでスーツケースをとったのち、マーストリヒトへ向かう電車に乗り込みます。


マーストリヒトはオランダ最古の都市。
娘の留学先になります。


マーストリヒトまで片道30ユーロ近くかかるのを、4人だと1人7.5ユーロのびっくり団体割引を娘が見つけ。

印刷が必要なので、割引きシステムを知らなかったホテルのコンシェルジェにお願いしてみたら一生懸命助けてくれました。



電車に乗り込みほっとした1時間後。

なんと途中の駅で電車が止まってしまいました!


1時間後に他のマーストリヒト行きの電車が来ると駅員さん。
カフェで時間を潰し、ホームへ行くもまたまたその電車もキャンセルに。


駅を降りて、臨時バスに乗りこむハメに。
母たちは、オランダの電車事情にびっくり。

前回もストライキにあたってしまったし。

f0238932_08504579.jpeg

臨時バスで隣の駅へ行くのに45分くらいかかりました。

お陰で、またオランダバスツアーができて街の様子がわかったとみな大喜び。ふふ。


その後電車が無事にきてくれて、1時間ほど乗りようやくマーストリヒトに到着です。
9時くらいなのにまだ明るい。


f0238932_09004221.jpeg
駅から5分くらいのところに母たちのために予約した五つ星ホテル。
アムスよりぐーっとお得な価格になります。


f0238932_09014945.jpeg
お風呂がガラス張りですけすけ。
カップルにおすすめね〜。あは。

f0238932_09025166.jpeg


夕食は近くのお店へ飛び込みで。
一気にベルギーに近くなった分、お料理もアムスとぐっと変わります。


f0238932_09043068.jpeg

Y子さんがジントニックが飲みたいというのでおすすめを聞くとシナモン入りのこれ。
Y子さんは普通のが良いというので私が試してみました。

ジンよりまろやかでラムっぽく久しぶりのカクテル楽しみました。



f0238932_09085256.jpeg

2人をホテルの部屋へ送り届け、市バスに乗って娘の住むアパートへ。

f0238932_09132884.jpeg

半年ぶり!

長い1日、12時すぎににようやく到着ーーー。

シャワー浴びようと思ったら、水しか出ない!

顔だけ洗って、ベッドの支度している間に布団カバーもそこそこバッタンキューでした!













by parja5 | 2018-06-06 09:07 | 旅行(その他) | Comments(0)