2018年 10月 18日 ( 1 )

うまくいかないときの ボランティアは

月に1回、施設に入所されている90代女性のお部屋で傾聴ボランティアをしています。


先月訪れた際に、余りにも弱られてびっくり。

それでも先月はやっとの1時間、ベッドに横になっていただきながら、ゆったりと楽しく過ごせました。




前回に引き続き、最近、寝てばかりなってしまい、昼間はできるだけ起きてもらえればと施設職員さんからのお話。


この日は、施設の方がベッドに座らせてくださって傾聴スタート。


2人になった後、ほわっとしながらも、ご自分のおやつを半分にしてくださる相変わらずお優しいおばあさま。


おやつの蒸しパンを食べてているのを見ていると…あれ、食べながら寝てるかな?



飲み物を勧めて、ひと口飲んだ後も背を小さく丸めてお顔を下にしてぐったり。


話しかけても、うん、うんと頷くだけで全く丸まられたまま。


20分くらい私が一方的にお話ししてしまったけれど、横になりますか?と言ってみました。


お客様がいらしているのにごめんなさいとおっしゃり、横になった途端、すーずーっと眠ってしまわれました。


しばらく声をおかけしたけれど、なんだか無理に起こすのもね、お可哀想になってしまい30分で切り上げ、施設の方をお呼びしました。


ベッドで眠っている様子を見た職員男性が、「あーー、あーはい、いいです」と残念そうに。


1時間持たせられなくてごめんなさーい。




ちょっとへこみました。




午前中も、まさかのクレーマーっぽい扱いされてしまって久しぶりに落ち込んでたところ。


お願いしていた業者さんから、約束していた電話が2日たっても連絡なくて。

担当者の携帯でなく営業所に連絡したけれど、余りにもひどい対応で。


その後、担当者からの連絡があるも、ひと言のごめんなさいもなく、おばちゃんは今後のこともあるし冷静に諭したつもりが、なんだか通じず一方通行みたいで私が悪かったのかしらと。



有名大手企業だからと安心していたけれど、教育不足な会社の本質だったと思うことにしました。


でも引きずる…笑



そんな時は美味しいもの食べて、忘れることに限る!


ボランティアが早く切り上がり、時間ができたので煮込みお料理しました。


賞味期限切れ間近の、パルシステム厚切り豚こま。

塩こしょう小麦粉してバターで焼いて。


ちょっとだけ残っていた赤ワインにたりないので少し水足して残っていたプチトマト4個砕いて煮ました。

大事に使っていた茅乃舎の最後の野菜出汁と。
途中、味が足りない気がしたので袋破って中身だして、チキン素も少し足して一緒に煮ました。


うんまーい!


f0238932_10502984.jpeg

付け合わせのカブの葉は、朝、わんこの散歩時に、無人野菜売り場でカブをゲット。

かぼちゃもホクホク。


奥のオクラはシメの納豆用です。
この日はもち麦と十穀米。


残っていた生クリームをちょっと垂らしたのがいい!
写真でわかるかしら〜。

f0238932_10505236.jpeg


デザートは帰りに寄った、JAでゲットした豆大福。


この2つは絶対またリピ決定!

レーズンたっぷりぎっしり重くて、原材料品種がとても少ない安心無添加パン。
レーズンもノンオイルで赤ワインに最高!

大福は、あんこのむし感がよくて、お値段も写真見て気づいた超グッドプライス221円!



f0238932_10433829.jpeg


あーーーーお腹いっぱい、美味しかった‼︎

f0238932_10441306.jpeg


食べれば元気。あはは!



by parja5 | 2018-10-18 11:05 | ボランティア | Comments(0)