2018年 03月 07日 ( 1 )

最後の訪問 傾聴ボランティア

傾聴ボランティアの日。

80代一人暮らしの女性宅へ。
私と同じくらいの年齢の娘さんを亡くされ、認知症が発症し進行した一年。


亡くなられたお母さまから、おばあちゃんのことすべてを託されたお孫さん。
一室を仕事場にし、毎日いらして食事などの全ての面倒をみているそう。

この日、訪問する最後の日でした。


施設に入所することが決まったのです。


引越し準備で荷物整理の中。


相変わらず、顔を合わせればお孫さんとおばあちゃんの激しい言い争い 。
慣れました...笑


お孫さんが部屋を出られた途端、引越ししたくない、不安や混乱しているお気持ちをじっくり聴きました。

決まったことを変えることはできないけれど、少しは気持ちが楽になってくれたかしら。

何度も何度も、心配事を繰り返されて。


反面、お孫さん。
責任感がお強いので肩の荷が下りたのでしょうか。

初めて笑っている明るいお顔を見ました。
まるで別人のように饒舌で。


わが家の場合も私がいなくなれば、いとこも兄弟もいない娘に相当な重荷がかかるかと思うと元気でいなければ。



私がいる時間は、安心してお仕事集中できましたって
お孫さんさんからのギフト。



f0238932_18030013.jpg

とても可愛くて、食べてしまうのもったいないくらい。

f0238932_10551487.jpg


ボランティア終わるとパーキングしているので月1回行くモール。

f0238932_18032885.jpg

もう、モールへも行くこと無くなるかな〜。

今までお話した数か月のこと、色~んなこと考えていたら...
すーーーっかり用事忘れてしまいました!

結局翌々日、モールへ行きました。 あは。



帰りにいつものカレイ揚げ。


f0238932_18035137.jpg

食べてしまったけれど、上にカレイの白身のフリットたっぷり。
その下に全部食べられる骨。
これ好きなの。


でも、今回のは大きすぎて。
骨硬く、しょっぱかった。

カルシウム補給に抜群でしょう?


最近、近い友人が2人も大きな骨折しちゃって。
おひとりは、知らぬ間に骨粗しょう症だったらしくて。

女性ホルモンの低下でカルシウム不足に。

カルシウム補給をかなり意識しなくてはならないお年頃です105.png








by parja5 | 2018-03-07 10:54 | ボランティア | Comments(0)