2018年 02月 22日 ( 1 )

ユトレヒト観光  オランダ旅行最後の夜

強いスケートオランダ勢に勝った、パシュート金メダルに大興奮!

オランダ旅行から帰ってきたのは、もう1ヶ月以上前。

ずいぶん日にちが経ったのでこれで旅行記は最後のつもりです。
ちょっと長いけれど、どうぞお付き合いを♪




街散策ができる最終日。
翌日の便で帰国です。

少し朝早く起きて、ホテルの中庭を通ってレストランへ。
8時すぎても暗いです。


f0238932_11435124.jpg
おかげで、朝でもライトアップされて華やか〜♪

f0238932_12231415.jpg

朝シャンペンにフルーツ。
美味しいパフェのペイストリーにチーズはもちろん。

エッグズベネディクトやスープにオムレツ、シェフは何でも作りますって。



サーブしてくれた男の子の可愛らしかったこと。

ウィーン少年のようで(個人の勝手イメージね)帰りにお礼に、手を振ったらびっくり嬉しそうで。ふふ



さぁ楽しみな1日。
張り切って、散策に出かけましょう。

自転車道がこちらもしっかり別道路。
そして、みなが右側通行するから歩道のすれ違いもスムーズで歩きやすいの。


f0238932_20183984.jpg

非日常な街並み、自転車までおしゃれに見えるわ。


f0238932_20185436.jpg

お年寄りクラブ?の団体と一緒になって。
私が頑張って早起きしたのわかるでしょう。

f0238932_20184790.jpg
まずは市立美術館へ。

f0238932_20195037.jpg

特別展は、人とは違った感性を持っていたユトレヒト出身の有名な画家展。


f0238932_13082115.jpg

その画家さん、ガス燈を好んで描き、その美しさがユトレヒトに浸透したとか。
街にはガス燈が多くみられます。

f0238932_13181927.jpg

f0238932_13182344.jpg

こちらの美術館は絵画だけでなく、椅子やガラスなど様々な作品も。

草間彌生さんの作品発見。


f0238932_13224418.jpg

広くて迷い込んだ所は、ユトレヒト出身のミッフィーの作者ディックブルーナの当時のまま再現されたアトリエ。


f0238932_18015801.jpg
全てに日本語表記あり。すごい!

私も昔から好き。
娘が小さいとき、グッズはキティより多く買いました。

f0238932_18020303.jpg

そして美術館の向かい側は、ミッフィミュージアム。
f0238932_20211975.jpg
いきなり可愛いロッカールームがお出迎え。
テンション上がるわ〜。
f0238932_20214195.jpg

ミュージアムというか、子供たちの自由な想像力を豊かにする遊び場のよう。

f0238932_20214674.jpg

f0238932_20215189.jpg
作者の思いが伝わっているミュージアムなのね。
f0238932_20215899.jpg
私も子供心に返った気分。

オランダの子供たちって良い子ばかり。
親がしっかりしつけている姿を、旅行中よく目にして感心することも。




外へ出て、街のシンボルのドム塔へ向かうことに。

f0238932_20230349.jpg

とても高くて、どこからでも見える!
でも、工事中。
f0238932_20231498.jpg

大きな教会に入ってみましょう。

大音量のパイプオルガンの不協和音が耳をつく。
練習中、講習中のパイプオルガンの音。

優雅な音とはほど遠い、耳を塞いでいる人も。笑

f0238932_20233878.jpg
私は椅子に座ってしっかり休みました。

いっぱい歩きたいから、適宜休憩しなくちゃ。
毎日、石畳を良く歩き、足腰悲鳴をあげてまーす。


f0238932_20235894.jpg

喉も乾き、トイレタイムにはカフェへ。

次に立ち寄る予定だった、オルゴールミュージアムの入口にあったカフェへ。
f0238932_20242565.jpg

建物内で結婚式があったようで、ドレスアップした若者が多く賑やかでした。



さて、オルゴールミュージアム。
ここが思ったより楽しかったの。

時間ごとにツアーがあります。
f0238932_20260160.jpg

ガイドさんが、オランダ語と英語を交互に説明。
英語のとき、必ず私たち2人を見て話すのよ。

英語の理解度はどうであれ、ツアーは音を出してくれるから絶対参加した方が良いです。

f0238932_20260871.jpg

お兄さんが歌を歌いながら演奏してくれたり、参加者と一緒にオルゴール回したり。

f0238932_20261312.jpg

これは、中に本物のヴァイオリンがいくつも!

f0238932_20262003.jpg
いかに、リアルさと豪華さを追求、各社競争したのですね。

迫力満点、オーケストラの音のものも。
f0238932_20262619.jpg

想像以上に広くて、ほんと楽しかった。



外へ出たら暗くなっていて寒かったけれど、娘がずっと探していた生ストロープワッフル発見!

ストロープワッフルはどこでもうっているオランダの伝統菓子。

でも、その場で作ってくれる、作りたての生ワッフルは珍しいの。
温かくて、間にとろりキャラメルソース。
f0238932_17332198.jpg

あ、ミッフィーの信号!
すぐ点滅しちゃうので、写真撮るために何往復したかしら。あは。

f0238932_17351168.jpg
その横に女性の騎馬隊。
ダラスで騎馬隊が一緒に写真撮ってくれたりしたので、記念撮影しようと向かったら空気が違って。

f0238932_17365171.jpg
奥で、犯人取り押さえる所でした。
私たち観光客が入り込まないように、守ってくれていたのね。


ユトレヒトには大きなモールもありました。
アメリカンな感じ。

f0238932_20283586.jpg
最終日の夜。
さて、どこで食事にしようかしら。

歩いていたらひときわ目立つ建物!
f0238932_20292265.jpg
面白そうなので入ってみました。
高級なお店だったら、ビール1杯で出てくればよいかなと。

ひゃ~内装も個性的で派手〜。
天井にはミラーボールも。

f0238932_20292959.jpg
思ったよりカジュアルなお店。
何がオススメか聞いたら、アジアンステーキかサーモンて。


前菜コロッケをつまんだ後、でーんと運ばれてきました。
ひとつをシェアにしてもらって良かったわ。
f0238932_20293446.jpg

どんだけ、オランダやベルギー人はポテトを食べるの〜?
ポテト苦手だけれど、日本のものと品種が違いほっくほく甘くておいしいの。


濃いベルギービールとも、今宵が最後⁉︎
色んなことがあったな~ あ~~もっと滞在したいっ。


f0238932_20294029.jpg

オランダって、どこのお店へ入ってもみな親切で感じが良くて。
オランダ語で話しかけられても英語はどこでも通じるし。

私の勝手なおばちゃんつっこみ日本語を、娘がやわらかい英語にしてくれて。ふふ。




たくさんビールいただいて、とても楽しい最後の夕食でした!


ほろ酔い気分で、街をお散歩。

f0238932_20295012.jpg

ホテルへ戻り、翌日の帰国のために簡単に荷造り。


留学中の娘はまだしばらくオランダ滞在なので、残ったユーロキャッシュを渡して。
クレジットカードが使えないところや面倒なところが結構ありました。

1番使えるのはバンクアカウントから即引かれるデビットカード。
日本は最近だけれど、アメリカ滞在時もデビットはお馴染み。
f0238932_20531688.jpg

そして残高のあるsuicaみたいな電車のカードも渡して。

なによりよく使った左のミュージアムカード。
1年間オランダ中の400施設くらい使えるお得なパスポートカード。

チケット売り場に並ばなくても済むし、入口もスムーズ。


裏に私の写真が添付されているので、私のそっくりさんなら使えるかしら。



翌日は空港へのどたばたの記事はすでにアップ済み。



娘とオランダ、ベルギー、ドイツ旅行が実現できて夢のようでした。

娘が立ててくれたスケジュールやコースは理想的で。
15日間、ほんとうにほんとうに楽しくて、思い出深いものになりました177.png



























by parja5 | 2018-02-22 20:44 | 旅行(その他) | Comments(0)