2018年 01月 04日 ( 2 )

朝からまさかのドタバタ ボンネファンテン美術館 マーストリヒト オランダ旅行11日目

朝早く起きて、スーツケースに全ての荷物を入れ込み、忘れ物がないかチェック。

快適だった娘が住む部屋ともお別れ。
前日に同じフロアに住む、数人の学生さん達にも会うことができて。


名残惜しいけれど、新しい都市に向けて、雨降る中スーツケースがらがらバス停へ。

待てど待てど、たくさん来るはずのバスが来ない!


あと何分後にバスが到着するか、行き先と共にでている電光掲示板はついているのに。

あれ、でも到着していないのに消えてしまう。
やっぱりおかしい!


娘が、朝からバスを1台も見ていないと言い、携帯でチェック。


あれー! ストライキでバスが止まってるー!!


アパートへとりあえず戻りました。

建物の入口にある、総合受付の人にタクシーを呼んでもらおうかどうしようか相談。

でもマーストリヒト一帯の交通機関、駅へ行っても電車も走ってないそう。



実はこの日、電車に2時間乗ってユトレヒトの街へ行く予定でした。
ホテルも電車のチケットも購入済み。

電車のチケットは、当日駅で買うと意味わからないくらい高いんです。

ユトレヒトまでタクシーで行けるか聞いてもらったら250ユーロ。


はい、マーストリヒトにもう一泊決定!

私たちはベルギーへ行っていたので気がつかなかったけれど、前日からストライキだったそう。
2日間ストライキだったから、明日はたぶん平気かもと。


ホテルはキャンセル。
当日キャンセルOKの予約にしておいて良かった〜。


マーストリヒトをもう1日お散歩しましょう。
雨はよく降るけれど、こんな本格的な雨は滞在中初めて。
f0238932_08213424.jpg

地元のコレクションが多い、川沿いのボンネファンテン博物館へ。
f0238932_08215891.jpg
入口の反対側は、たくさんのアパート。
f0238932_08222093.jpg

ミュージアムカードを見せて、コートや荷物を置いて、さあ入りましょう。
f0238932_08231451.jpg

その前にトイレね。
ダイソンの手洗い場。

真ん中からは水、洗い終わったら、両左右に手をスライドすると強風が出てちょっと感動。
隣で手を洗っていたおばさんが、私が迷っていたら教えてくれました。笑

どうでも良い写真?
f0238932_08240729.jpg

展示してあるものは500年ほど前の地元の貴重なものが目立って。
f0238932_08244271.jpg


f0238932_08252264.jpg
疲れたらやっぱりカフェへ。
f0238932_08475437.jpg

朝からドタバタだったから ほっと楽しい時間。
f0238932_08482071.jpg
マーストリヒトの歴史の古さを再確認。
それとは別にオランダの現代アートも展示されていて。

寝転がりながらアートが眺められる。
寝ちゃいそうよ。本を読んでいる人もいました。
f0238932_13110918.jpg

色々なジャンルの現代アート。
下のお風呂なに?

f0238932_13111723.jpg
きゃ~私にはアートというかホラーだわ。

f0238932_13112568.jpg

ここもどきっ。
立っているのは人形。
前も後ろもうしろなの!

f0238932_13112900.jpg
娘とよく笑ったー。
こんなのもたまには楽しかった!

変わったビデオ作品も流されていて。
日本人とは違う、オランダ人の感性を少しは感じられた?


博物館を出ると、雨も上がって。
まだ歩いていない、近代的なところもお散歩。
f0238932_08483612.jpg
素敵なマンション!
f0238932_08485686.jpg
何日も経ってくるともう、海外というか日本にいるみたいな気分。

テキサスより、日本の習慣と似ているところが多く居心地が良いかも。
f0238932_08492022.jpg
夜は、娘のお友達の間で評判のステーキ屋さんへ。

f0238932_08495719.jpg
評判のスペアリブ、でーん。
大きな付け合わせが2種類選べて。
周りにいる人は、もれなくパンを別に頼み、フライドポテトが付け合わせ。
f0238932_08501835.jpg
私は200gのテンダーロインステーキを。
全く臭みのない柔らか、お味もよかった!

マーストリヒトからはなれたくなかったから、1日ご褒美だわ〜。
f0238932_08505203.jpg

ビールのせいか、お散歩していたらトイレへ行きたくなり。

デパートのマシンに50セント入れて、綺麗なトイレに入ってみました。
f0238932_08540666.jpg
とても綺麗で最新な感じのトイレでも、便座が冷たい!笑


デザートに、人気のワッフル、ジェラート店へ。
f0238932_08515025.jpg
あつあつ、もっちりおいしい〜。
f0238932_08521478.jpg
ストライキで予定外にできた、マーストリヒトでの1日。

結局マーストリヒトに、全く飽きることなく9泊。
ベルギーとドイツに挟まれて、色々な文化が垣間見れるオランダ南部の素敵な町。
マーストリヒト条約が結ばれたところでもあって。

毎日楽しかったな~絶対また行きたい!












by parja5 | 2018-01-04 20:54 | 旅行(その他) | Comments(0)

ベルギー最古の街トングレンへ日帰り オランダ旅行10日目  

前夜、物凄い嵐で眠られず。
朝起きたら嵐は過ぎ去り、月が見えて。
f0238932_08412557.jpg
だいたい9時くらいから明るくなってきます。
思ったより寒さも感じず、防寒対策しすぎて暑い時も。

さて、この日は1時間に1本のベルギーバスに乗り。。。

f0238932_08415467.jpg

普段は娘が用意してくれたsuicaのようなカードをバスと電車で使っています。

でも、ベルギーバスでは使えないので、運転手さんに1人片道3ユーロずつ払いました。

途中乗り降りする人には、ワンデイパスの方がお得と教えてくれたけれど、この日の目的地は終点だけ。

走り出すと、すぐに大きな川。
大晦日ニューイヤーのとき、ここからたっくさんの花火が打ち上がっていたのねぇ。
f0238932_08421949.jpg
嵐後のせいか、景色が幻想的。
f0238932_08424155.jpg
自然豊かな風景が続いて。
f0238932_08431295.jpg
あっという間にベルギー最古の都市、トングレンにやってきました!
f0238932_08433641.jpg

ここにも、ローマ人が築いた城壁が残っています。

f0238932_08444207.jpg
城壁の上から。

f0238932_08435958.jpg

狭い入口で、入る人を制限していたのかしら。

f0238932_08452438.jpg
マーストリヒトも同じく古い街。
同じく1世紀ころにできたとも。

ヨーロッパの歴史はやはり古い。

遥か昔、ローマ人の宣教活動や、新境地への探究心が強かったのかしら、想像が膨らみます。

f0238932_08455319.jpg
個人のお宅らしく、家主さんが入っていきました。
f0238932_08462900.jpg
マーストリヒトは観光地化で華やか。

でもこちらは古さが際立って、落ち着きます。
世界遺産の地でもあるようです。

f0238932_08465739.jpg
閉まっていたけれど世界遺産ペギン会院も、石が古い時代のまま。
f0238932_08475103.jpg

お正月お休み明けの午前中。
閑散としていて、写真取り放題よ。

中心部を少し離れると、結構廃墟感あるところも多くて。

f0238932_08485606.jpg
知らない街の散策は、ほんと楽しい!
f0238932_08482257.jpg
立派な塔が見えてきました。
f0238932_08492554.jpg
大きな聖母教会。
f0238932_08592052.jpg
中はちょっと写真映えしないけれど、明るく綺麗。
f0238932_09000700.jpg

クリスマスデコレーション面白い。
f0238932_09003999.jpg
外へでると、センターの広場には大きなツリー。
f0238932_09010439.jpg
お昼も回っていたので、ツリーが見えるお店へ入ってみることに。
f0238932_06122850.jpg

せっかくベルギーだもの、ベルギービール飲みましょう。

そして子牛の黒ビール煮込み。
ほろっほろ、歯のいらない大っきなお肉.が3つも。

f0238932_06132175.jpg

娘のは、大きなズッキーニに、フェタチーズとドライトマト、熱々のチーズ焼き。
下のルッコラとたっぷり松の実との相性ばっちり。
f0238932_06134862.jpg
街全体、マーストリヒトより人が圧倒的に少ないのに想定外!わーい。

ほら、街の象徴の横にゴミ箱放置ってお気楽そうなとこも良いわ。
f0238932_06141414.jpg
スーパーで、日本で600円くらいの有名ビール、1.2ユーロくらい。

何本か買ってみました。
オランダはベルギーの品物も、大抵買えるけれどずっと安い!

シャンペンやワインより、度数の高い濃いビールがこちらの料理になんでも合うかも。
f0238932_06145048.jpg
ベルギーケーキ、やっぱりチョコレートね。
f0238932_06154006.jpg

チェーン店でなさそうな可愛いチョコレートやさんに足が止まり、いくつか買って。
f0238932_06161173.jpg

前夜の嵐から、この日はとにかく風が強く寒くてびっくり。

早めの5時過ぎに、アパート近くのバス停に到着。

いつもの出入口ではなく、もうひとつある反対側の出入口のバス停にベルギーバスが止まります。

この巨大敷地内、産婦人科、眼科、健診、薬局などの個人病院から、カフェ、学生アパートなどが5棟くらいと様々な建物が全てくっついていますが、鍵がないとプライベートエリアには入れません。
f0238932_08090530.jpg
当然、私ひとりでは迷います。
出入口から部屋までも遠い。

娘が初めてバスを降り立ったときは、近所で聞きようやくたどり着いたそう。

ネットで部屋決めし、ネットで契約したのでまさかね〜。


さて、夜はベルギービール飲み比べパーティ。
f0238932_08022701.jpg

ダークビールにチョコレートも美味しかった!
f0238932_08495594.jpg

冷蔵庫の中身を一斉に整理。

持ってきたコンソメと鶏がらスープに、残ったお野菜、冷蔵庫にあったスピナッチ、アラビアータ生パスタ。
f0238932_08033273.jpg

スーツケースをパッキングし、翌日部屋を出てマーストリヒトを離れる予定です!









by parja5 | 2018-01-04 05:10 | 旅行(その他) | Comments(0)