そろそろ本帰国準備

娘の友人が部屋に立ち寄ってくれることになり慌ててごはん。

日本から持ってきたカップ麺。
久しぶりのお醤油味、おいし〜。

f0238932_09143635.jpeg

そして私は、お友達が気を遣わないよう娘が寝ている友人から借りた部屋へ移動です。
さぁ、落ち着いてブログ更新よ〜。

少し娘の部屋と違う感じ。

f0238932_09150101.jpeg


トイレが部屋に無い共同の分、クローゼットが大きいかな。


f0238932_09151969.jpeg

娘はクラスメイトと最後のお別れができ、不要になったものを自転車に乗る分引き取ってもらったそう。


あと数日後の本帰国に向けて荷物の整理をしていかなくてはね。


シンプルに暮らしていたようでも10ヶ月暮らした分の荷物。
まぁ、ダラスから引き揚げた時とは比べようもないくらい少ないです。


1番の大きなものは、オランダでは生活の足である自転車。
購入時は英語では通じないところで中古品を購入したらしく。

散々乗ったその自転車は、数日前に写真を撮って強気の価格で売り出しました。

f0238932_15531748.jpeg
割引かれることなく、日本大好きなシリア人に売れました〜!



たまには1日中、お部屋にこもっていたい気持ちのところ、お散歩がてらに近所のパティスリーへ。

f0238932_09153363.jpeg

f0238932_09155027.jpeg


この日の土曜日は、4時にお店が閉まるので時間ぎりぎり。
ずっしり重い!

f0238932_09161936.jpeg

懐かしい味のバタークリームケーキ、濃厚カスタードクリームのパイケーキとリキュールのきいたチョコレートケーキ。

そしてずっしりのアップルパイ。

f0238932_09170048.jpeg

アップルパイと言うよりはタルトケーキかな。
中は歯ごたえの残るリンゴにレーズンたっぷり。
生クリームをたっぷり添えるのが地元流。

f0238932_10293170.jpeg

そのままで味がしっかり、夜は赤ワインでも最高♪


夕食の一品は、娘がキッチンで作ってきてくれました。
夕食時はキッチンが学生たちで混み合います。


f0238932_09172311.jpeg

リーフの上に、マッシュルームなどの数種類のキノコとパプリカを塩胡椒、昆布出汁で炒めてのせてさらにたっぷりのチーズがけ。


チーズスライサーは持っていたけれど、私はちょっとしたものはピーラーも使えると今更ながら伝えたりして。





夜10時を軽く回っても明るい幻想的な空。
今後の計画を考えながらもゆったり夕食。

f0238932_09174381.jpeg

束の間の1日。
なんともリラックスタイム満喫中です177.png177.png177.png





by parja5 | 2018-06-16 13:34 | 旅行(その他) | Comments(0)


<< オランダ マーストリヒトでサッ... マーストリヒト オーガニックラ... >>