アムステルダム現地風車ツアー オランダ旅行3日目



目覚めると快晴!

f0238932_08044264.jpeg


この日はマーストリヒトへ移動するので2泊したホテルをチェックアウト。
母たちのホテルへお迎えに行きチェックアウトして、全員分の荷物を預かってもらいました。

泊まってもいないのに、このロビー何回行き来したかしら。

f0238932_08073467.jpeg


さぁ移動する前に、日本で予約しておいたバスツアーに参加します。

ツアーのピックアップ場所には駅の反対側から出るフェリーに。
自転車もバイクも乗り込んでます。

f0238932_08173679.jpeg
アムステルダムのオランダ人は背の大きな男の人たちが多いっ。

f0238932_08094175.jpeg
5分ほど乗って降りると別世界。
雰囲気が変わって近代的なビルばかり。

f0238932_08200249.jpeg

タワービルの1階で受付後、バスツアーの始まりです!
日本語は全く聞こえないので静かになると思いきや、ずっと2人で景色に感動してマシンガントーク。



f0238932_18381063.jpeg

とても親切なおじさまガイドさん。
バス中ずーっと説明してくれて優しい声なので、母たちは機械のアナウンスが流れっぱなしだと思っていたそう。

英語、スペイン語、ドイツ語を順番に同じことを話していくのでほんと喋りっぱなしでお水を差し上げたくなります。


まずはチーズ工場。
日本でも有名なゴーダチーズです。

f0238932_18385994.jpeg

独特の製法で冷蔵しなくても日持ちします。

f0238932_18454916.jpeg


お土産やさんなので若干高めだけれど、日本よりは遥かにお得。
たくさん試食して数年もののシャリシャリ感のあるゴートチーズをゲット。

f0238932_17325423.jpeg


途中フォトスポットにバスが立ち止まって。


f0238932_05305916.jpeg

全く水らしきものは見えなかったのに、丘を登ると海!
遠くに見える街に向かいます。

f0238932_05434915.jpeg


漁師の町フォーレンダムに到着。

f0238932_05445409.jpeg
可愛い街並み。


f0238932_05575850.jpeg



f0238932_05491118.jpeg


ガイドさんが裏地を少し案内してくれました。
左の方がガイドさん。

住人の方とお友達のようで地元感がいいわ〜。


f0238932_06561647.jpeg


写真撮るのを喜んでくれポーズを取る可愛い子。


f0238932_06572665.jpeg

わんこまで写真慣れてる!


f0238932_06334787.jpeg

ゆったり過ごせそうで羨ましい。

f0238932_06372272.jpeg

クルーザーで優雅な日光浴♪

f0238932_06422561.jpeg


その後は海抜の低い地が多いエダムへ。



f0238932_06483947.jpeg

ここの町がとても気に入りました。
写真を選ぶの難しいっ。



f0238932_06582829.jpeg

f0238932_07005876.jpeg


f0238932_07015273.jpeg

赤いシャツを着た英語を話す方、自由な動きをする母たちを優しく気遣ってくれて。


f0238932_07050550.jpeg

この傾いた古い建物は観光名所。

f0238932_07225919.jpeg

ガイドさん、異なる言語のグループごとに要所要所説明してくれます。

最低でも4言語使えるのに、娘が母たちに訳しているのを気づき日本語話せないからありがとうって。


f0238932_07243489.jpeg

その後またバスで移動して、楽しみしていた町ザーンセスカーンスへ。

いよいよ風車よ!

f0238932_08390261.jpeg

まずは木靴つくりのデモンストレーション。
昔は手作りだったのが、今では5分で1つ作れるとか。


f0238932_07313811.jpeg

デザインも色々。
飾りだけでなく履くこともできますよ。

水の土地だから中にしみない木の靴ができたのですねぇ。

f0238932_07341431.jpeg

さぁ、まちに待ってました!
前回の訪問で見れなかった風車です。


f0238932_08305328.jpeg
ピクニックも絵に描いたよう。


f0238932_08334737.jpeg

画家はモチーフに事欠かなかったと容易に想像できますね。


f0238932_08401103.jpeg

夢のようなオランダの郊外の風景からから、朝バスに乗ったビルに戻りました。




アムステルダム中央駅にフェリーで戻って、ホテルでスーツケースをとったのち、マーストリヒトへ向かう電車に乗り込みます。


マーストリヒトはオランダ最古の都市。
娘の留学先になります。


マーストリヒトまで片道30ユーロ近くかかるのを、4人だと1人7.5ユーロのびっくり団体割引を娘が見つけ。

印刷が必要なので、割引きシステムを知らなかったホテルのコンシェルジェにお願いしてみたら一生懸命助けてくれました。



電車に乗り込みほっとした1時間後。

なんと途中の駅で電車が止まってしまいました!


1時間後に他のマーストリヒト行きの電車が来ると駅員さん。
カフェで時間を潰し、ホームへ行くもまたまたその電車もキャンセルに。


駅を降りて、臨時バスに乗りこむハメに。
母たちは、オランダの電車事情にびっくり。

前回もストライキにあたってしまったし。

f0238932_08504579.jpeg

臨時バスで隣の駅へ行くのに45分くらいかかりました。

お陰で、またオランダバスツアーができて街の様子がわかったとみな大喜び。ふふ。


その後電車が無事にきてくれて、1時間ほど乗りようやくマーストリヒトに到着です。
9時くらいなのにまだ明るい。


f0238932_09004221.jpeg
駅から5分くらいのところに母たちのために予約した五つ星ホテル。
アムスよりぐーっとお得な価格になります。


f0238932_09014945.jpeg
お風呂がガラス張りですけすけ。
カップルにおすすめね〜。あは。

f0238932_09025166.jpeg


夕食は近くのお店へ飛び込みで。
一気にベルギーに近くなった分、お料理もアムスとぐっと変わります。


f0238932_09043068.jpeg

Y子さんがジントニックが飲みたいというのでおすすめを聞くとシナモン入りのこれ。
Y子さんは普通のが良いというので私が試してみました。

ジンよりまろやかでラムっぽく久しぶりのカクテル楽しみました。



f0238932_09085256.jpeg

2人をホテルの部屋へ送り届け、市バスに乗って娘の住むアパートへ。

f0238932_09132884.jpeg

半年ぶり!

長い1日、12時すぎににようやく到着ーーー。

シャワー浴びようと思ったら、水しか出ない!

顔だけ洗って、ベッドの支度している間に布団カバーもそこそこバッタンキューでした!













by parja5 | 2018-06-06 09:07 | 旅行(その他) | Comments(0)


<< オランダ最古の都市マーストリヒ... おばあちゃん達のアムステルダム... >>