動物病院

今日は、動物病院へ。右奥に小さい月が見える~。
f0238932_11313346.jpg

実は、20日前も行きました。

その時は、年に1回の健康診断とフィラリアの検査、そして狂犬病などの予防接種。
フィラリアの薬はまだ残っていたのでもらわず、合計のお支払いは400ドルくらい。

こちらでは、狂犬病予防接種は3年有効のものがあるのでそれを接種してもらいました。

そして今日は帰国の予定は無いけれど、そろそろわんこたちの帰国準備。
日本へ帰国するには、それ相当の手続きが必要になってきます。
気温によっても航空会社の規制があるので悩みどころです。

マイクロチップを装着後、狂犬病の予防接種をし、そして抗体価検査ということをしなくてはなりません。

動物検疫所HPは☆こちら

抗体価の数値をきちんとしたものにするため、予防接種後20日以降が良いと前回先生からアドバイス。
2年程前から数人の日本人が通い、諸先輩方の努力のお陰で先生が、日本独自のシステムを理解されてとても親切。

20日後の今日。

採血をし、血液をアメリカに2か所しか無い抗体価の検査所(家の場合はカンザス)へ送ってもらいます。
f0238932_11571998.jpg

今日は1ぴきずつ奥に連れていかれました。
こんなこと初めて。
特別な機具でもあるのか、相当量の血液が必要なのか。。。

パセリが元気に戻って来て、ジャスミンと入れ替わり。
f0238932_120204.jpg


検査結果は1ヵ月以上先。
この時期お休みが続くから、もっと先になるかな~。

良い検査結果が出た後は、180日待機しなくてはなりません。
狂犬病抗体価検査の確認後、半年間はわんこたち日本へは行けません。

この検査は2年間のみ有効。帰国が2年間無ければ、再度同じ検査をしなくてはなりません。
ちなみに今日の検査代も400ドル近くでした。

旅行中も、いつもここの病院にわんこたちはお泊まりしています。
受付のひとやスタッフの人たち、英語がダメでも察してくれてとても親切。

ペットも子どもと同じ。
言葉が話せない分もっと神経使うかな。

信頼できる動物病院が歩いて行ける所にあるというのは、ほんとうに安心です!

帰りのお会計のとき、別の診察室から出てきた超大型犬に吠えられて娘の足に隠れようとするパセリ。
チワワのジャスミンはしっぽを振って大喜び。

いっつも逆なんだけど今日はどうしちゃったのかな。

人気ブログランキングへ
by parja5 | 2010-11-19 22:40 | Comments(0)


<< お散歩 わんこのお気に入り場所 >>