タグ:日常 ( 171 ) タグの人気記事

いよいよ介護保険

義母のことでお世話になっている、ケアマネージャーとの打ち合わせの日。

1週間ほど前、義母の一時帰宅時に初めてお会いしてから何度も電話で話をしてきた。
この日は急遽前日に、義母も交えて話をしたいとのことで、私は30分しか都合がつかなかったけれど病院へ。

30分だけでも行って良かった!
入院してから義母は、色々なことを混同しまい、勘違いが多くなってきていて。

長い入院生活だものね。
しかも今抱えている保険と言う言葉のつくものたくさんあるし。

で、この日は介護保険のお話し。
1月初めに市役所に申請をし、25日に病院にて介護認定調査。
3週間後位に封書で介護度決定通知が自宅に。

退院後、リフォームが間に合わないので義母は自宅へ戻ることができません。

そこでリフォームが終わるまで茅ヶ崎に住む、夫の姉の所へ行ってもらうことに。

茅ヶ崎でも同じく介護保険のサービスを受けたほうが良いとケアマネからの助言。

だだ、色々調べてもらっていくと家族が同居した場合と、1人暮らしではヘルパーさんのサービスが全く異ることが判明。
茅ケ崎で介護保険のリハビリも受けようと思っていたけれど、まだまだ医療機関できちんとしたリハビリが必要とのこと。

結局茅ケ崎では、介護ベッドとお風呂用品、宅配ランチのみをお願いすることに。
自宅へ戻ったら、フルコース?のヘルパーさんをお願いするつもり。

最近写真撮るのすっかり忘れちゃって。
桜も気づいたら終わってた。

またまたパセリで失礼~!パセリで心のゆとり保てているかしら。ふふ。
f0238932_15143955.jpg

by parja5 | 2016-04-12 14:53 | 日常 | Comments(3)

施設内のお引越し

義父が入居しているホームからの電話は、義母が入院してから私の携帯にかかってくるようになった。

「靴が傷んだので購入しても良いですか。」
「梅干しが無くなったので食べたいと言ってます。」
「そろそろ○○さんからリンゴが届く予定だがどうしたかと心配してます。」

「サインしてもらう書類を、先日言うのを忘れたのでサインしに来てください。」
「2,3日前にいらしたとき、お伝えするのをすっかり忘れていましたが、未払いのものが数か月たまっていたのですぐ支払いに来てください。」

最後の2つはケアマネージャーからの電話。
義母が入院して手術を控えた忙しいころ、夜の1時間時間を作って色々な話し合いをしたのに全く理解してもらっておらず、いつも一方的な電話で少しあたってしまった。

「今週、時間を調整して、主人は有給までとって義父の所へ行ったばかりなのに、伝えるの忘れたからすぐにまた支払いにきてくださいというのはおかしくないですか。
 数か月も伝えるのお忘れになっていたのに、そんなにお急ぎなら他の方に頼んで支払いに行きますけど」って。
日本語ができるからって、つい嫌味なことを言ってしまった。。。。

そして今回の電話。
「部屋の移動をしたいので、申し訳ありませんがご家族の方来ていただくことはできませんか。」
あらま、初めてケアマネから低姿勢な電話。

翌日、夫と義母の病院へ行く前にホームへ訪問。

エレベーターを使用して、段ボールに詰めた荷物を階下へ移動。
エレベーターはその都度、暗証番号入れないと乗れないので何往復もするにはとても不便。

エレベーター前には認知症の人が集まるので、段ボールかかえながらすみませ~んと言いながら暗証番号を何回も入れる。
でも、安全に配慮されていてとても安心なところなのよね。

ワンルームとは言え、結構荷物が増えていて、段ボールに入れた荷物を新しいお部屋で出してきちんと収納し、気づけば2時間経過。

同じ施設内の移動とはいえ、4年暮らしたところから階が変わるというのは、今まで一緒に食事をしたり生活を共にしていた方々と別れること。

新しいところで、快適な良い生活になるといいな。

認知が少し進んでいるという責任者のお話しがあったけれど、全くそんなことない!
施設に来てくれる将棋や囲碁の先生よりずっと強い、頭はしっかりしている義父。

色々注意しにくるスタッフ達に、私に対する態度とがらっと変わってぶすっと知らんぷり。
「うるさいことばかりいうからすっとぼけとけばいいんだ。」って。あははは。

このパセリの顔、おじいちゃんの顔にそっくりなの!きゃはは。
f0238932_11293812.jpg

by parja5 | 2016-04-09 10:53 | 日常 | Comments(0)

意外と広いお家でした

義母宅の、大がかりな不用品回収立ち合いの日。
誰もいない、自分んちでもないお家の鍵を開けて入るのは少し気が引ける。

業者さんと1時半の約束5分前に、玄関の扉を開けて靴を履いたま腰かけていたら、回収屋さん達すぐに到着。

まずは廃棄するものの確認シール張り。
先日の見積もり時よりも処分するものが増えたので、その確認。

手際が良くて感じの良い方々。

かなりほこりまみれのものはもちろん、腐ったものやカビの生えたものも絶対嫌な顔しない!

しかも分別はすべておまかせだし、なんでも持って行ってくれる。

大きなゴミ収集車2台分以上に、作業人員6,7人。
2時間半かかって終わったのは4時。

合計20万円。
ありがたくてこの上ない。

必要なものを取り除いておいて、ぜーんぶ持って行ってくれた。
がら~ん。 ものが溢れていたので、狭いキッチンだと思っていたけれど。。。
f0238932_1736593.jpg

各お部屋、だいぶ物がなくなってすっきり。

結婚して20年以上経って気づいた。
我家よりずっと広いお家でした。ははは。

ようやくリフォームが着工できるかしら。
と思ったら、リフォーム屋さんから目をつむっていた部分の書類の山を指摘されちゃって。

大事なものが入ってないか、書類の整理。

今までも、いくつもある段ボールの中の書類を整理してきて悟った。
大事なものなんてそうそうないの。

2時間くらい整理して、なんとまたこんなにいらないものがでた!
f0238932_10373184.jpg

毎週持ち帰って、我家で出している半端ないゴミの量。
近所では断捨離始めたか、転勤が決まったかと思われてそ~041.gif
by parja5 | 2016-04-06 17:36 | 日常 | Comments(0)

初めての一時帰宅

昨年の11月13日から入院していた義母が、初めて自宅へ一時帰宅できました。

夫が自転車で病院までお迎えに行くつもりが、天気が悪かったので電車で。
病院からはタクシーで戻りました。
私は義母宅にて合流。

待ちに待った 5ヶ月近くぶりの我が家に戻った義母は大喜びハイテンション。

まずは貴重品の確認と整理。

リフォーム業者さんも来てくれて、手すりの取り付け位置など細かいことの確認。

そしてとにかく多い書類の整理。
びっくりするくらい、どんなものでも取っておく性分の上に掃除が嫌いな義母。

いくつものボランティア団体の代表もしていたこともあって、事故後の家の中は足の踏み場が無いくらいでした。

何日もかけて夫とお掃除をし、ゴミだと思われるものを何十袋処分したことか。

リフォームするにあたって、とにかく最終処分確認しなくちゃ。
11時半から初めても終わらない!

夕方5時半、義母も疲れ果ててふらふら。
一時帰宅で倒れたら大変。
病院へ夕食に間に合う様、戻ってもらいました。

その後も夜まで頑張って、この部分はとーっても綺麗になりました。
ちょっとした小上がりが生活するには不便なところ。
f0238932_14321257.jpg

他のところは、業者さんにお願いするつもり。


翌日。。。。。
この日も、2日続けて義母の一時帰宅。

目的は、病院のリハビリ担当の方と一緒に、退院後の自宅検証。
退院しても日常生活が支障なく送れるように、必要なことをアドバイスしてくれます。

細かい家の段差やお風呂も念入りに確認してくれた、とてもやさしくてプロ意識の高い若きリハビリ師。

病院へ戻るためにタクシーを呼ぼうとしたら
「リハビリを兼ねて、頑張って最寄り駅まで歩いていきましょう。」という声が。

義母が嫌そうな顔。
「歩くだけ歩いて、途中疲れたらタクシー呼びましょう」

私も駅までお付き合いしました。
途中何度もタクシーを呼ぼうとするものの
「頑張りましょう、あと少しですよ」やさしくて厳しいリハビリ師。

途中、世間話をしながら何度も気を紛らわして。

普段15分で歩いているところを、30分かけて歩きとおしました!

事故直後はもう一生歩けるようにはならないと思ったけれど…
人工股関節にして、ゆっくりふらうらながらも自力で歩けるようになるなんて!

1人の人間の怪我のために、どれだけのたくさんの人が関わってきてくださったことか。
感謝とともに少しほっとしてきました。
by parja5 | 2016-04-03 14:46 | 日常 | Comments(0)

義母が入院してしばらく経った後、機密性の良い暖かいマンションに引っ越ししたいと私に話しました。

同じ病室の方々の退院後の話しを聞いたのか、お見舞いに来てくださる友人の話を参考にしたのでしょうか。

夫と私は同じ市内のマンションを探し始めました。
私たちが住む家の近くの中古物件や新築のマンションの内覧もしました。

しばらくの後、マンションはやめて、母が住む一軒家の自宅を更地にして建て替えをすると希望が変わりました。
何度も病院で、時間をかけて話し合いをしました。

どこのメーカーにして良いかさっぱり分からず、夫と毎週のように住宅展示場巡り。

ひとつひとつのメーカーの話がほんとに長い。
1日で話しを聞けるメーカーはせいぜい数カ所。
自分の家を建て替えたくなりました。
f0238932_17290697.jpg

おかげで自宅にはセールスの電話がよくかかってくるようになりました。

ところが急遽、建て替えはやめてリフォームにしたいと義母の希望が変わりました。

全て取り壊してしまうのは、あまりにも失うものが大きいと。
4ヶ月以上の入院の間、1度も自宅に帰っていないので取り壊してほしくないと。

只今、リフォーム業者との見積もり依の後、細かい打ち合わせに日々を費やしています。

そしてリフォームをするにあたっての掃除、ゴミの処理を数日かけて行いました。
できないものは、市が委託している清掃業者にも依頼しました。

先日の病院とのカンファレンスとその後の保険会社との話し合いで先のことが少しわかってきました。

国で定められた入院できる期日があと1ヶ月。

急ピッチで様々なことを進めています。
毎日体ぐったり、夜ぐっすり。

夫が昨日お休みを取ってくれたおかげで、時間ができてブログ更新できた~!
by parja5 | 2016-03-29 17:00 | 日常 | Comments(0)

だら~っとしています

娘が具合が悪いけれど絶対学校を休めないという。
熱は7度ほど。

もう、しょうがない、ドライブだわ。
大学まで30分ちょっとかけて送ってあげた。

アメリカで良く通ったチューターのお宅までと同じくらいの距離かな。
懐かしいわ~なんて思っている場合じゃなかった。

夜8時近く。
余りにも具合が悪くなった娘が駅ビルの病院へ駆け込み、フルにかかり薬待ち中とのメール。
タミフル待ちが30人近くもいると恐ろしいメールだった。

2日後… 
私にうつった!
検査は陰性となんともはっきりしなかったけれど、先生がきっとインフルエンザだろうからと薬を出してくださった。
娘のタミフルの効きがわるいので、イナビルにしてもらった。
初めて行ってみた病院、いい感じ。

夜、解熱剤が効かず 39度6分!
私、フルにかかった記憶も、こんな高熱でた記憶もなし。

この私が何も話すことができないくらい辛い。

娘は毎年かかって、よく耐えているな〜とちょっと感心した。

2日後にイナビル効果か、ようやく 7度台に下がった。
でも8度台まで上がったり下がったり5日間続いた。



何もする気がおきず、パセリばかり見ていた。
f0238932_15371597.jpg

熱が下がって5日経っても、体力気力戻らず…

そんなところに、予約してあった抜歯の日。

食いしばりが強くて、またしてもあちこち悪くなってきている私の歯。
破折して悪さしていた歯の抜歯は1か月前から決まっていたけれど、高熱で強烈な食いしばりをしたようで痛みが増していた。

義母の病院行きも家事も、だら~っと少しばかり休業中。
気づいたらもう2月終わりなのねぇ。
by parja5 | 2016-02-10 15:35 | 日常 | Comments(0)

転院の日

2週間ほど前、市役所にて義母の介護保険の申請をした。

この日、 10時半に病室で介護認定員の調査に私も立ち会った。
介護度をきめるにあたって、細かい質問中に義母は泣き出してしまった。
f0238932_01274512.jpeg

私はいつも病院から見える富士山や山並みをみて気持ち切り替えてきたかな。
時間が無いときは、病院のランチ。
f0238932_01282159.jpeg

食後は退院の手続き。
お世話になった看護師さんとおしゃべりしていたら、家の近くにお住まいだった。
またお会いできるかしら。

退院しても自宅ではまだまだ生活は難しいので、リハビリをしっかりできる病院へ転院。
2か月半の入院中増えた荷物は計画的に持ち帰ったつもりだったけれど、大袋2つをかかえて、タクシーの乗り降り時の車椅子使用や、病院中あちこち飛び回りもう汗だく。

転院先の病院に約束の1時半前に到着し、初めに担当医との面談。
今までの経緯を話したり、医師の何気なく話したことに義母が涙ぐむ。

義母は検査へ、私は入院手続きへ。
その後、看護師、リハビリの療法士との面談。
また、初めから今までの経緯を話す。
この日、午前中から3度目。同じ話 。

今までの辛かったことを振り返り、話すことが、本人にとってはどんなに残酷なことか。

前の病院からのたくさんの書類や CD、私が転院前に面談をして既にできている書類で十分患者の大きな負担が減るのではないかしら。

3時半過ぎようやく着替えてベッドへ。
それからも長かった。
4時過ぎに相手の保険会社担当者が登場。

義母が1日の疲れ、今までの不満、そしてたまりにたまった大きな不安が爆発。
立ちっぱなしの話が5時半過ぎにようやく終わった。

その後も義母の話を聞き、 6時半病院を出る。
朝の9時半に家をでて長かった1日。

連日の病院通い。
疲れ果てたので、タクシーで帰ろうと思ったらこの病院、タクシー常駐してなかった。
体にムチ打って電車に乗ったけど、乗り換え時、構内のお惣菜屋さんをふらふらしていたら、揚げたてのアジフライが目の前に到着した。
帰宅しても熱々のアジフライ、帰って来ない家族を待たずに頬張り、美味しかった〜016.gif

by parja5 | 2016-01-25 01:07 | 外ごはん | Comments(0)

義母が交通事故で、救急車で病院へ搬送されてから2か月ほどが経ちました。
初めの3週間はほぼ毎日病院通い。
その後は買い物や届け物、洗濯物に応じて週4日ほど。

医師や看護師、カウンセラーとの面談。
警察事情聴取の立ち合い。

病院へ行かない日は、携帯電話を預かっていたので、かかってくる義母の友人や知り合いの電話応対。
自宅へ様子を訊きにくる親戚や知り合いへの怪我の報告。

義母の自宅の片づけ、ゴミ出し。
郵便物や宅配便の不在票の対応や受取り。
各種支払い変更、銀行や郵便局へ。

そして面倒な保険会社や加害者家族とのやりとり。
請求書類を作成提出。

施設にいる義父のこと。
施設からの呼び出し、細かいことの電話。
介護タクシー代、歯医者代は支払に行かなくてはならないが、私はネット振込みにしてもらう。
マッサージ代は今どき時間を合わせて自宅に集金にくる。

挙げたらもっともっと細かいことも(↑のことでも十分細かいけどね)あって毎日追われているけれど、全く後悔ないようにしてきたつもり。

義母のリハビリも本格的に始まり、回復もみられてきて少しほっとしています。

初めの3週間で4キロ体重が落ちたけれど、すっかりもとに戻っちゃいました。あ~あ。
病院の隣のIKEAでがっつり食べ過ぎた!?
f0238932_1504756.jpg

これはミートボール食べ放題!ってそんなに食べられないわよ~。
f0238932_1581779.jpg

そして、やっぱり大好きアイスも食べ過ぎたかな。
f0238932_1575674.jpg

これからもまだまだ課題があって、もとの穏やかな生活は先になりそう。
頑張りま~す066.gif
by parja5 | 2016-01-08 14:35 | 外ごはん | Comments(0)

Happy new year !!!

明けましておめでとうございます。
この2か月ほど、今までに無いくらい富士山を見る機会に恵まれています。
お天気も良いしね。
f0238932_16281522.jpg

ズームしてみると、橋に人がけっこう歩いてる!
f0238932_16292267.jpg

暖かい日が続いてありがたいわ~058.gif

2016年の目標…今年こそ、ものを増やさない!(昨年も言ってた)

本年もどうぞよろしくね072.gif
by parja5 | 2016-01-01 16:45 | 日常 | Comments(0)

介護施設のクリスマス会

義父が入所している施設のイベント「クリスマス会」。
広いホールで全員そろっていただきます。

皆が揃うまでには時間がかかるので、最初に席に着いた義父のテーブルは、目の前にあるお食事が30分以上もお預け状態。
職員に注意されていたけれど、なんだかよく分からず食べ始める方々の気持ち、わかるわ~。

スピーチの後、やっとノンアル泡をワイングラスで乾杯069.gif
一口で、ワイングラスは危ないからと回収。
もっと飲みたいんだから!とグラスを離さない方々のお気持ちもわかるわ~037.gif

ようやくいただけたクリスマスプレート。可愛い~072.gif
f0238932_15363534.jpg

でも、み~んな箸がすすんでいない。
義父は工夫をしながら普段食事の介助は必要なし。
でもこのプレートだと自分で食べることができず、お箸で一口ずつスプーンにのせてあげた。

にしても・・・とにかくまずい!んだそう。

義父は食欲旺盛で食事を残したことがないのに、4分の1くらい残した。
周りの方々はほとんど残していた。

すべて手作りで美味しそうなんだけどなぁ。
私たち家族は何もいただけないので、余計美味しそう。。。。

オペラや出し物、長いスピーチと大勢の中お疲れの顔ばかり。
笑顔が見られたのは家族が来ていた私たちのテーブルだけ。

大きなイベントより、家族の顔を見ることの方が嬉しいのよね。
私たちの顔を見て、泣いてばかりのおじいちゃん。

イベントがあれば家族が訪れる回数が増えることも事実。

2か月前から娘にスケジュール調整させて、我家3人揃っての訪問は久しぶりのことでした。
by parja5 | 2015-12-06 15:34 | 日常 | Comments(0)