タグ:ボランティア ( 33 ) タグの人気記事

協力員とボランティア

旅行記も投稿したいけれど、日々あっという間に過ぎていく~。
Diaryなので日々のことも。

この日は保育ボランティアの日。
2年ほど前に傾聴ボランティアでお世話になっている方から
「もうひとつ、ボランティアをお願いしたいんだけど・・・。」
と電話をいただき即決。

最近知った。
謝礼金が市から少しばかり出ていました。
だから、ボランティアではなく、協力員になるのかな。

前回も前々回も当日キャンセルだったので今回は、張り切ってましたよ。

担当者から、前日の電話でも当日までも、とても泣くお子さんですって言われて。
そして、保育場所は窓もなく狭~い場所。
f0238932_14184976.jpg
私は泣いてもなんでも全然大丈夫だけれど、せっかくなら楽しい時間にしてあげたいわよね。
部屋で待機していたら、ベビーカーに乗った1歳10か月の男の子登場。

あれ、ぐっすり眠ってる。
可愛い!
お母さまが出て行かれた後も、すやすや寝てる!超かわいい~。

結局、1時間眠ったまま。
お母さまが戻られて、さようならをしてもすやすや。
来た時と同じように眠ったまま、ベビーカーで帰られました~。
なんて穏やかな時間!



翌日は傾聴ボランティアの日。
以前は2人以上で訪問したりしていたけれど、今回からは私1人で。

認知症が進んでいらっしゃるので、私のことは覚えていないけれど
お会いすれば、とても話が弾みます。

1時間みっちりおしゃべりされて、お疲れにならなかったかしら。
お若い時はバイタリティーがあって楽しくて素敵な方だったんだろうなと容易に想像できます。

私も将来、可愛いらしいおばあちゃんになるぞ~。


旅行中、ジャスミンだけを実家で預かってもらっていました。
我家ではソファ2つぐちょぐちょにされたので、のせるの禁止。
実家ではソファの上がハウス。お犬さま~037.gif
f0238932_14185213.jpg







by parja5 | 2017-03-15 14:15 | ボランティア | Comments(0)

介護認定日と傾聴ボランティア

12日、おばさんぶるの後、義母の介護認定調査の立ち合いへ。

おととしの11月13日に事故に遭い、介護保険の申請をしたのが昨年1月。
1年ごと更新の介護保険。
前回の調査は入院先の病院だったけれど、今回は義母宅で。

毎週介護タクシーで転院先の昭島の病院へリハビリに通っている義母。
ヘルパーさんもほとんど毎日来てくれて。
ご友人方やご近所さん、親戚にと毎日誰かしらが助けてくださっているんだそう。

認定員もお墨付きの恵まれた環境でも、義母は気持ち的には大きくダウン。

話していることもびっくりするくらいマイナス思考で、ぶつけられた私は数日どっと引きずる...。

1年前よりは見違えるほど良くなったのだけれど。

家の中ではゆっくりながらも自由に歩けている。
手や腕は治らないとあきらめてきている。

現在は要介護2。どれくらい介護度が下がるのかな。



数日後、久しぶりの傾聴ボランティア。
義母のことがあって、ずーっとお休みしていたけれど再開できました。

有料老人ホームに入所されている83歳のおばあさま。
ものすごく長く海外に住まわれていたそうで、私にお声がかかりました。

認知症が進行されている中、ほんとうに楽しそうに色々なことを話してくださって。

自分でなんでも好きなことをして、自分でなんでも決断して楽しい人生だったと。

若いんだから、どんどん好きなことやりなさいと葉っぱかけられました。
元気出るな~もう!

帰宅して、床暖ぬくぬく中のわんこたちを久しぶりに、いーっぱい撫でてあげました060.gif

f0238932_15512322.jpg

by parja5 | 2017-01-16 15:27 | ボランティア | Comments(0)

泣き続けたけれど…

お部屋に入った瞬間いや~な気がした、保育ボランティアの日。
窓もない、狭いしアレルギーでるし。。。
f0238932_12165741.jpg

1歳9か月の男の子1人と私のふたりだけ。

男の子は先週が初めてで、2回目の保育と聞いて腹をくくる。
1回目はママと離れることをごまかせても、2回目は前回のことを覚えているものね。

案の定20分泣き続け、その後少し遊ぶも思い出しては泣き、そして泣き叫び、抱っこ。
鍵がかかっていたけれど、窓のある隣の部屋へ移動してお外を見せたら泣き止んだ!

そうよね~あの部屋やっぱり嫌よね~笑

そのうち寝てしまい、20分以上も抱っこしていたので腕も痛くなり徐々に移動。
そぉ~っと、嫌だけど部屋に戻り、畳に座ったものの椅子もないし居心地が悪い。

そのままごろんと寝転がって、胸とお腹にぐっすり眠った可愛い男の子をのっけた。
何をやっても起きない!
爆睡!なんと50分も寝ちゃった!

私の肉布団、よほど寝心地良かったのねー066.gif
by parja5 | 2015-11-13 13:17 | ボランティア | Comments(0)

車いす体験

小学校へ福祉体験授業のお手伝いボランティアに行ってきました!
この日は車いす体験。
4年生がふたり一組になって使用する1クラス分。ずら~っとね。
f0238932_10152675.jpg

2時間2クラスをお手伝いしたけれど、みんなが興味持って真剣な眼差し。
一生懸命で可愛いので、おばさんは危険なくできた子には褒めまくってました。笑

私も生徒がいないときに車いす体験。
道路って斜めだったり溝があったりで、押してもらわないとあちこちふらふら。

久しぶりの小学校、いっぱい元気をもらってきました。
by parja5 | 2015-10-29 10:15 | ボランティア | Comments(0)

台風の日

自宅でのささやかな菜園から、ようやくピーマンやきゅうりが収穫できました。
トマトはすでにわっさわさ。

台風に負けるな~って願い、ひもをぐるぐる。
右隣の木にも巻きつけちゃって。
f0238932_14465891.jpg

見栄えが悪いけれど、実がいっぱいなっているんだもの。

木曜日午前中、大雨でおばさんぶるはお休みに。
思いがけずに時間が空いたのでランチへ。

大好き、自然食レストランのいなば。
わ~い。何からいただこうか迷うのも楽しいプレートランチ。
f0238932_14483377.jpg

一口ずつ体に良いもの噛みしめて、おしゃべりして、体がすっきりした感じ。
そうね~あまり疲れを溜めないような努力⁉もしなくちゃ。

と言いながらその後はボランティアの情報交換会と勉強会。
今回は、薬物依存症について薬物依存症患者を支援している、入所施設ダルクの方からお話しを伺いました。

依存症はあくまでも病気であるのに、日本では偏見が多いそう。
更生して社会復帰する場がなかった30年ほど前に、更生プログラムが進んでいたアメリカの方々と共に設立されたとか。

アメリカでは身近に感じでいた薬物のことでも、日本では遠い世界のこと。
でも、ざっくばらんなお話、辛いことも明るく話されるのを聴いて身近に感じました。

帰りのバスに乗ろうとしたら、義父の将棋相手をされているボランティアさんとぱったり。
バスの中で、シルバー川柳がいくつもプリントを見せてくださって、お腹かかえて大笑い。
びゅうびゅうと風の強い台風の日、ストレス吹っ飛び元気でた~~~!!!






by parja5 | 2015-07-16 14:44 | ボランティア | Comments(0)

コストコ買い出しとパーティーと

久しぶりにCostcoへ。
平日だというのに、混んでいてびっくり。
f0238932_15301691.jpg

翌日のパーティーの買い出し。
たこ焼き、枝豆、歌舞伎揚げやポッキーなどのお菓子。
ジュースにチェリーやグレープなどなどカートいっぱい。
f0238932_15283921.jpg

自分たちのものは、色々試食して、吟味して。
お目当てだったクエーカーの定番。クイックオートミールが無くなっていたのが残念。
日本は甘いグラノーラの方が売れるのかな。

大量購入後、達成感ランチ。
久しぶりのアメリカ~ンなホットドッグ。
マンハッタンクラムチャウダーと。
f0238932_1529040.jpg

大好きクラムチャウダーってクリーム味だけかと思いきや…
マンハッタンってミネストローネみたいなトマト味なのね。
クラムやポテトなどの具がたっぷりでお腹いっぱい。

帰宅して、夕食にキヌアサラダをいただき、デザート。
パーティー用にも3ホール購入した同じマンゴームースケーキ。でかいっ。
f0238932_15322277.jpg

お店で見ていると大きさわからなくなっちゃうのよねぇ。
冷凍庫はピザや他のものでぱんぱん。

半分以上残ったケーキは半冷凍室へ。
昨年買い換えた冷蔵庫にある機能の切れちゃう冷凍庫が、便利でとてもお気に入り。


さて翌日は、アメリカからホームステイにやってきた11人のウェルカムパーティー。
他で注文しておいた、サンドウィッチやお寿司、サラダなどなども出して。
100人以上の準備は滞りなく。
f0238932_1535956.jpg

三味線や空手やけん玉、日本文化満載。
期待に胸を膨らませて日本へ初上陸した高校生たちの目が、きらっきらしていたのが印象的でした。
by parja5 | 2015-06-19 15:28 | ボランティア | Comments(0)

保育と畑仕事で汗だく続き

3回目の保育ボランティアの日。
名前は覚え切れていないけれど、15人みんなのお顔はわかるように。

今回はひとりの女の子にかかりっきりだった3時間。
2回とも泣かない子だったけれど、今回は30分近くママ~と泣き続け、叫び、窓から動かなくて、ハグしたりむぎゅーしたり背中をトントンしてみたり。。。

だいぶ落ち着いてくると、まわりを振り返るようになったので
「赤ちゃんも泣いてるね。〇〇ちゃんお姉ちゃんだから赤ちゃんに大丈夫~いい子いい子しに一緒に行こうか。」
と言ってみたら、赤ちゃん触ってすっかりにこにこになってくれた。

この日はひろーい敷地内をお散歩できることになり、数人の子供たちと一緒にお外へ。
やっぱりね。お外へ行きたい子もいるもの。

自然が豊かな中を歩き、綿毛になったたんぽぽを取って
「たんぽぽ、フーフーってしてみようか。」と先輩保育ママさん。

男の子に手渡して、フーフーフー。。。ぱくっ!?食べちゃった。きゃー!
熱い食べ物って思ったのかしらね。
幸い全部口から出してくれて、もう可愛すぎ。 大爆笑でした。

乳児はベテランさんが担当し、私は可愛いさかりの1、2歳児と遊べて幸せ~♪
最後にはまた遊ぼうねと満面の笑顔。

良い汗かいて、またまた筋肉痛003.gif


翌日、筋肉痛のまま、実家の畑仕事の手伝い。
はい、完璧な?コーディネート公開!
f0238932_1865715.jpg

今までのところが借りられなくなり、近くなった新天地へ。 
私は初めてで.......なにここ、広いーっ。雑草だらけの見えてるところ全部よ。
f0238932_18382455.jpg

草を刈り、耕し、荒野を開拓してる気分。
2時間、手前のところがきれいになってぐったり。

大家さん太っ腹だけれど、奥はやめて半分の敷地のみ使用することにしたらしい。
だってねぇ。健康のための趣味のはずが体壊しそうなくらいに広いんだもの。

たっぷり、いい汗かきました~058.gif
by parja5 | 2015-05-28 18:58 | ボランティア | Comments(0)

Birthday!!!

先日迎えた私のお誕生日。
夫が昨年と同様、大好きロートンヌのケーキを持って帰ってきてくれました。

抹茶かと思いきや、ピスタチオ!のムースケーキ。
マカロンまで飾られて、なんて日本のケーキは美しいのかしら。
f0238932_15562010.jpg

反対側にはチョコレートがコーティングされて、見た目も味も2種類楽しめます。
濃厚、きちんとした甘さで最高049.gif
朝ドラ観てると、涙ものの美味しさよ。
f0238932_160571.jpg

ナッツやピスタチオの食感もよくて、何種類かのケーキをいただいたように大満足!

娘も9時頃には帰宅し、今年も家族3人でお祝いしてくれてHappyなbirthdayとなりました024.gif

私は若いときから早く歳をとりたい願望があって。
やっと30代になったときは嬉しかったけれど、次は早く40代になりたかった。
50代にも憧れるけれど、能力が衰え、体もついていかない~っ。

1年以上運動がままならなかったので今年の目標は体力強化!

ということで知人からタイミングよくお話をいただき、保育ボランティアを始めました。
市などが開催するイベントやセミナーなどがあるときの一時保育です。

初日は3時間保育中、1時間半は1歳の子をだっこ。
初日ということもあり、泣いている子ばかり。

翌日左手は動かなくなり、極度の筋肉痛。
疲れが戻るのに1週間近くかかったけれど、すぐに2回目の保育。

2回目は少し慣れたけれど、翌日は動けませんでした~。笑
でも、なんといってもちびっこたちがほんとうに可愛い!!
泣いても可愛い!!!

幸せな時間に癒されてま~す016.gif
f0238932_17102675.jpg

by parja5 | 2015-05-20 15:54 | スイーツ | Comments(0)

ホームステイ受け入れ 最終日

ホームステイ3日目。あっという間の最終日!
15歳のPemは食べられないものが多い。

日本の白米を毎日炊いてくださいとアドヴァイスがあったとおり、お米ばかり食べていました。
そして特に喜んでくれたのが塩しゃけ(レモン添えて)とフルーツと七味。笑
ラオスでは見慣れない、柿やラ・フランス、キウイ、大きなリンゴに喜んでくれました。

そして電車に乗って新宿へ。
ホームステイ前は横浜に滞在していた30人近くの訪日団。

そのときは全てバスで移動していたらしく、私たちと出会った日に初めての電車で疲れていました。
3日目には、時間通りに到着する日本の電車の便利さに慣れてきて。

f0238932_15151665.jpg

ラオスには低層の建物しかないらしく、アニメで観たという高層ビルに興奮!

ビル街をお散歩して、このプログラム主催のJICE(日本国際協力センター)のあるビルにての歓送会へ。

子供達どおし、自分たちがホームステイ体験した写真の見せあいっこ。
いつ撮ったのか、我家の外観の写真を自慢げに見せていた時はちょっと照れました。笑
もちろん、前日の鯛焼きの写真も見せまくっていました!

お食事の後は。。。ダンス!
f0238932_15291892.jpg

ラオスの正装に着替えてくれてみんなでダンス!!
f0238932_15362495.jpg

お別れが名残り惜しくて、何回記念写真撮ったかしら。
f0238932_1549273.jpg

お別れのなんて寂しいこと。
Nitが涙ぐみ、日本にお父さんお母さんができたと言ってくれて。
私も最後は涙が溢れてきて、別れた後も止まらなくなってしまって。

3日間と短いプランでしたが、家族で貴重な時間を過ごさせてもらいました。
縁の無かった国ラオス、旅行で訪れるよりも深く心に残る国となりました!

最後に...いただいたお土産の一部。
額の中の2人のように、何度も手を合わせる礼儀正しいラオス人。
ピュアで優しくて、大人しいけれど賢くて。
f0238932_1691888.jpg

しかし、ラオス語は全くもってわからなかった~~~037.gif
by parja5 | 2014-12-14 15:01 | ボランティア | Comments(0)

ラオスから 2日目

2日目の遅めの朝食。
前日に30代の先生Nitが、うどんの作り方に興味を持っていたのでレクチャー。

日本食がほとんど手に入らない所でどうすればよいか。
みりんは、もちろん砂糖。
私もダラスでみりんを1度も買わなかったし。

出汁が問題!
家にある出汁パックをプレゼントしたけれど、こんぶや鰹節も売っていなさそうだし。
パウダーのものがあることを知っていたのであとで、手軽なほんだしを買うことに。

うどんという日本食を、ラオスで広めてくれるんだそう!

午後からは電車に揺られて、日産スタジアムへサッカー観戦。
天皇杯決勝戦!

2人ともスポーツ好きで、Nitはお仕事でサッカーも関係しているらしく、娘も元サッカー部!
私はいまいちよくわからないけれど、とても良い席のチケットを譲っていただき大興奮。
f0238932_1171471.jpg

ラオスは寒くても20度。
寒さ対策にコートや手袋、カイロなどを準備しておいて良かった。

優勝セレモニーも華やか。
奥は有名選手(らしい)が天皇杯を掲げています。
f0238932_11154018.jpg

その後、地元駅に戻ってお買いもの。
その前に、あったまりましょう!鯛焼きで。

たぶん、この時が1番喜んでいた2人。
鯛焼きを作っているところをずっと動画で撮ったり、何回も写真撮影。
テレビで観たことがあるんだそう。

そしてスーパーでリクエストの抹茶キットカットやほんだし、海苔などを大量購入。

夜は娘がカルフォルニアへホームステイした会のクリスマスパーティへ。
40人ほど集まり、英語が堪能な方も多い。

最後のクリスマスプレゼント交換で、Nitはお箸などが、Pemは大好きなグミなどのお菓子セットが当たり大喜び。
ちなみに私は図書カードがあたり、娘もみなそれぞれ運よくぴったりなものが手元に届いたのでした!

夜はiPhoneやiPadを使って、ラオスの写真を見せてくれました。
家のWi-Fiを使ってもらってラオス語が恋しくなったPemはラオスのお友達とテレビ電話。
私たちや家中をあちこち回ってお友達に見せていました。

もう明日は最終日。短いっ!
by parja5 | 2014-12-13 11:35 | ボランティア | Comments(0)