新生活の2人

8月にオランダに留学した娘。
毎日、Lineで写真をたくさん送ってきてくれて。

数日でバンクアカウントを開いたり、あっという間に生活を立ち上げて。
気づけば黙ってひとり旅に出ていた!

バスと電車を使ってルクセンブルク、フランクフルト、ロマンティック街道のローテンブルグなど。

心配すると思ったのか、数日写真だけのlineだったのでおかしいなと気づいてしまった私。はは。
f0238932_23382721.jpg

交通調べやホステル、ホテルの予約、1日は現地ツアー申し込んだりするパワーがあるのは知っているけれど。

これが私にはできないこと。

異国の地のレストランでひとりごはん。
f0238932_23393226.jpg
ん~私なら、デリを必死で買い、宿泊部屋で食べるわ。笑


日本でも、ひとりレストランはちょっと苦手。

前日引っ越しが済んだ、アメリカンふたり。
彼と午後、お世話になったYさんにお礼に行く予定だったので、当日思い立ってランチに誘いました。

ひとりで食べるより楽しいし、なんだかまだ行き違いをしているような気がしたのでね。

立川駅にて待ち合わせ。
私は無性にパンケーキ食べたかったけれど、洋食嫌いな彼。

初めてのお店。この黒豚、柔らかくて美味しかった~。
なんだか元気出たわ。
下のサラダ、おかわり自由! 生野菜だらけでおかわりできなかった。あは。
f0238932_23394314.jpg
ちなみに、彼はソースカツどん。
脂っこいもの好きじゃないといいながら、思いっきり油じゃん。
通じなさそうなので突っ込みませんでしたが...笑

とにかく、私のミッションは彼の日本語能力をアップさせること。
そうすれば、行き違いも防げるし。

買い物後、連日お邪魔しているYさんオフィスへ。

そして、彼の新居にはまだインターネットが繋がっていないので、隣の空いているオフィスを使わせてもらえることに。
もうほんとうに至れり尽くせりで。

隣のオフィスに移動後、生活の立ち上げ。
部屋の管理会社に電話したりマイナンバー問い合わせ、メールのやりとりなど
日本語のできる私がちゃちゃちゃっと。

グーグルマップ見せられて、新居の周辺のお店をひとつずつどういうお店か質問されたり。
楽天のシステム教えたり...

なんだこれ?
ウチの娘は、日本にいる間に調べ、今や自分の足を使って開拓しているのに、
30代の男って手がかかるのねぇ。


そして、私たちが、家を出て行ったことが理解できていないと聞くと
余りにも私の考えとかけ離れすぎていて、彼の人生、あまりにも周りの人たちに恵まれなかったんだと可哀そうになりました。

全ての人間は信じられない。

そして日本は本音と建て前の社会。
日本人は言っていることと心で考えていることは反対。
ずっと、使っていていいよは、邪魔だから出てけになるんだそう!!!

もちろん、数時間かけてとくと解きました。
帰るときはまるで別人の顔になっていましたけど。
これから日本で、素晴らしい経験を重ねていってくれるでしょうか。






# by parja5 | 2017-09-04 00:10 | 娘のこと | Comments(0)

いよいよお引越し

アメリカから移住してきた、友人の息子さんカップルの新居事情の続き。
1つのお仕事はしばらくキャンセルし、つきっきりです。

木曜日。

本人とYさん、私の3人で賃貸会社Hのオフィスへ。
契約書を交わした後、ようやく鍵を受け取りました。
家を探し始めて、お盆休みもあったりで4週間。

Yさんも不動産屋さんですが、今回はYさんのオフィスが扱う物件ではなく、Hの物件を選びました。
探したり、お世話してくれたのは私がお願いした、もちろんYさんの会社。

でも手数料はインターネット展開し、無駄なことを省いていたHとの折半になります。
時代の流れなのでしょうか。

その後は、バスでYさんのオフィスに戻り車で新居へ。

到着後、畳屋さんが入ってて。

ちょっとちょっと、家賃日割りで払ったけれどこれじゃあ、この日は住めないわねぇ。
自動でたたみを縫っていく機械が面白くて。
f0238932_09373055.jpg
今後の家具などの購入のために、全てのサイズを一緒に測りました。

ガスやさんも来てくれたけれどガスコンロが壊れているって!
翌日に新品交換となりました♪
f0238932_09382545.jpg

こんな順風満帆、みんなが喜んでいたのに。


ものすごく大きな行き違いがあり、2人はYさんが無料で貸していたお部屋を翌日の夜遅く、突然出て行ってしまいました。
私たち家族はびっくり!
私の仕事中の変化だったのでなにがなんだか。

Yさんたちは、お部屋が狭すぎて嫌だったのね、申し訳なかったって。
私が知ったのは翌朝オフィススタッフY子さんからの電話で知って。

なんだかそのときは情けなくて...。

お昼には千葉にいると本人から連絡あり、残してきた荷物の引っ越しだけ夜に手伝ってほしいと言われたけれど。

千葉でお世話している日本人に変わってもらい、少し事情が飲み込めてきました。

とにかく言葉とカルチャーの壁。
そして、超ネガティブな性格の彼。

私も30代にもなったのだから、本人たちの自由にさせようと思い、私のコミュニケーションに問題があったのかも。

結局日曜日、1か月近く住まわせていただいたYさんのオフィスからお引越し。
みんなで、我家の車にぎゅうぎゅうに荷物を詰めこみ、彼らの新居に無事に届けることができました...。


















# by parja5 | 2017-09-03 21:54 | 日常 | Comments(0)

保証人代行会社の審査と最も美しい本屋

月曜日、朝からドキドキ、落ち着かなくて。

アメリカから移住してきたふたりが、ようやく気に入った物件を見つけました。
その物件は、中堅の良く耳にする賃貸事業会社のH。


先週の木曜日。
立川駅近くの賃貸業社Hへ、希望の部屋の申し込みに行ってきました。
今回お世話になっている、古くからの母の友人不動産屋Yさんと、アメリカンフィアンセは仕事が始まり、ひとりでいた彼と私の3人で。


そこで対応した若い女性のまぁ感じの悪いこと!
もう、Yさんと私で、がんがんおばちゃんペースで進めますよ。

この物件を借りるにあたって、保証人は立てずに、保証人代行会社に入ることが必須条件。
しかも、1か月分もの家賃が手数料としてかかってきます。高いっ。


そしてこの代行会社の審査に通らなければ、借りることはできません。

細かい書類、契約者本人のプライベートなことも、指定用紙に書き込みます。
はい、日本語は得意な私が記入です。ふふ。


にしても、移住してきて日本でのヒストリーもなく、クレジットカードも作れないのに審査だなんて心配。

色々とふたりの事情を、その感じ悪い女性に話したんですけれどね。
後でわかったけれど、実は別の男性が担当だったらしく、その日はお休みだったのです。


Hのオフィスを出た後、彼本人がいくつか理解していないようだったのでカフェへ。
喉からっから、クリームソーダ美味しかったわ~。



土曜日の朝。

審査にあたって追加の書類が必要と連絡が来ました。
どうも、最初の女性から担当者、代行会社と話が伝わっていないようで。

しょうがない、とにかくその旨、本人に伝えて必要書類を準備し、Yさんのオフィススタッフさんにお願いしました。


日曜日はお休み。


月曜日、前日から、朝起きてからも、落ち着かない。
あー落ち着かない!笑

Yさんのオフィスに行こうと決心しました。
いつも混む道なので予想以上に時間かかるんです。

途中、いつもの、たい焼き6個ゲットして♪


オフィスに着いた途端、Yさんから開口一番。

オフィスのみなさんも落ち着かず、居ても立っても居られず、私に連絡しようと思っていた〜って。あはは。
たい焼き食べて、業社Hにプレッシャーしてもらって、おしゃべりして。。。なごみ。


アメリカン2人はYさんオフィスの隣の一室に住まい中。
昼間は1人でいる彼も心配してるだろうと思い、彼も呼んで一緒にみんなで審査結果の連絡待ち。


なかなか連絡が来ない。
彼がニトリに行きたいとのことで、2人で行きました。

商品見ないと、何が必要になってくるかイメージわかないものね。

ニトリにいたところに、Yさんからの電話!


審査に通りましたーー!って。やったーーー!!


オフィスに戻ると、フィアンセの彼女も仕事から戻って。


夕方、業者Hから担当者が説明に登場。
あら、初めの女性が信じられないくらい、とても良い人じゃない。

審査に時間がかかって申し訳なかったと。
英文の給与明細だったので、理解するのに時間がかかっていたと。


夕方、Yさんオフィス総出で準備してくれた書類にサインの嵐。

みーんなの笑顔!


夜はその足で、心配していた実家へ報告にに行き、大喜び。


すごいな、2人のお陰でこんなに大勢のひとがHappy な気持ちになれるってね。


私、数日写真撮ってない!余裕がなかったみたいね~。

娘から毎日大量の写真が送られてくるので、1枚。
世界で最も美しい本屋。

f0238932_01234300.jpg





# by parja5 | 2017-08-28 02:06 | 日常 | Comments(0)

すっきりリラックスランチ

午前中は整骨院へ。
ジュエリーは全て取って、バッグの中へしまっておいたけれど...
「今日はお出かけですか?」と気づかれちゃいました。あら。

施術は日によって違うのに、この日は鍼と電気治療の後、肩から首、頭、顔の境をマッサージ。
こんなあんなされて、セットしていった髪もぐっちゃぐちゃ。笑

すーーーっきり体が楽になって。

20分も時間に遅れてしまったけれど、気にせず先にオーダーしていてくれる素敵なお気楽仲間。
さぁ、思いっきりランチが楽しめるわ~~~。

ウニのクリームソースの冷製パスタ。
f0238932_23355927.jpg

デザートの絵が4人全員違っていて、とても可愛い♪
f0238932_23360751.jpg
皆さん子持ちだけれど、4人のうち3人は夫婦2人暮らし。
もちろん、私も最近2人暮らし。

朝起きて、誰もいないってすごく快適~...
自分の都合で好きな時に出かけられる!って言ったら、うんうんってひとり以外うなずいてました。

夕方遅くまで、リラックスしたおしゃべり。
ありがたい貴重な時間!






# by parja5 | 2017-08-23 23:50 | 外ごはん | Comments(0)

お休み明けの仕事とドロボ

今年の夏休みは、お休みを1日もらったので2週間と長かった!
私はずっと同じところにいるんですけれどね。
頭ン中、アメリカダラスから、毎日オランダから送られてくるLineや他国の写真で時差ボケ気分です。ふふふ。

休み明けはいつもハードワーク。
金曜日 2時半~8時
月曜日 2時半~8時45分
火曜日 2時半~7時45分

月曜日、帰宅したのは9時半ころ。
日本に移住して2週間、住まい探し中のテキサンカップルから、マンションを決めたと嬉しそうに連絡が入っていて。
私もそこが見た中では1番と思っていたので、すぐに、キープしてもらうよう連絡。

翌火曜日の夜は、さすがに疲れ果て遅い夕食時に、またまたテキサン彼からLine。
ドロボ来た!と、冗談かと思っちゃって、ふざけたスタンプ返し。笑

速攻電話がかかってきました!

かなり離れたお弁当屋さんへ2人で自転車で行き、お弁当をゲットした帰りに他のお店へより。。。
お弁当を自転車のかごの中に置いたままにし、お店から戻ったら無くなっていたと。

日本は安全だと思っていたのに、立川が危険な地域なのかなど、色々心配が増えてしまったようで。

日本人としてほんとうに恥ずかしい、申し訳ないわ~。
正確にいうと、盗まれた場所は東大和市。そんなこと言ってもしょうがないけど。

びっくりして日本語はいっぱい出るけど、2人に気の利いた英語ひとつも言えなくて。

娘が、よほどお腹が空いていた人か中高生のいたずらかも~とLineして、少しでも安心してくれたかな。
そう、いまだに4人Lineで英語は遠方にいる娘のバックアップあり。きゃは。

日本は本当に安全な国。
でもね、最低限のことは気を付けなくてはね。
今のうちに体験してくれて良かったと思いましょう。

スリもいるし、暗いところや遅い時間は女性のひとり歩きは気を付けてと言いました。
自転車カバーもつけないとね。



最近整骨院へ通い始めました。
職業病なのかな、首から腕、背中が痛くて痺れて。

鍼と奥さまのゴッドハンドで一気に回復!
寝不足と食いしばりが強いって当てられちゃって。


パセリの腫瘍も良くなってくれるといいんだけれど。
最近なんだかとっても元気なんです!

f0238932_00302203.jpg



# by parja5 | 2017-08-22 23:41 | 日常 | Comments(0)

2日続けてお部屋探し

アメリカから移住してきた30代のカップル。
彼は大親友の息子さんでとても好青年に成長されて。

教員だった彼女の勤務先が立川市内に決まったので、8日に日本へ到着してから楽しく同行してます。
ただいま、私の母の友人の不動産屋さんのYさん持ちのお部屋にタダで住んでもらっています。


さて、この日は彼女がネットで探してくれてピックアップした物件の内見に。
家賃などの折り合いから、当初探していていたところより少し離れていたのでちょっとびっくり。

彼らと夫と私4人で車で回りました。私が急きょ不動産屋です。笑
f0238932_20223807.jpg
想像以上に良いかも~。
最寄り駅は私鉄だけれど、繁華街は好みでなく自然のある所が希望のようだし。
f0238932_20224756.jpg
でもね。色々見てくるとどれもわからなくなり一緒になってくる感じ。


一晩考えると言って別れた翌日。
1週間以上前の初日に見たところが見たいと。
そこね、不動産屋さんのYさんも一緒に車で回っていたとき、私が、あれーーあそこ良いかも!と見つけたところ。

すぐにYさんが内見できるよう手配してくれて。

そして、こちらは他の、ちょっとラグジュアリーすぎる物件も内見。
f0238932_20225910.jpg

隣の音が気になるので(アメリカの生活経験で)鉄筋コンクリートのマンションタイプが希望。
せめて軽量鉄骨やスチールならお家賃安くなるんだけれどね。
堅実的に考えれば、賃貸でそのお値段出すなら買えるし...

ン~難しい...何が2人一緒で1番happyになれるかな。。。








# by parja5 | 2017-08-20 20:44 | お出かけ | Comments(0)

若い人のボランティアとマーストリヒト

娘の乗った飛行機が留学先のオランダへ飛び立った頃だわ〜と思っていたとき。
電話が鳴ってものすごくどきっ。

ボランティアセンターから、傾聴ボランティアの新規依頼でした。
私もびっくりしたけど、お相手も私の声のトーンが違ってびっくりさせてしまったみたい。ふふ。

急を要していたようなので、2日後に担当者と私でご自宅へ伺いました。

80代の認知症が発症して数ヶ月のお一人暮らしのおばあさま。
昼間は、お仕事を継いだ30代の女性のお孫さんがご自宅の一室にある事務所にきて仕事をしながら面倒をみています。

大きな負担がかかっているお孫さんからお若い方希望してますと最初のお電話で聞き...

えーーー私、大丈夫?
まぁ確かにボランティアグループでは1番若いけどねぇ。

前夜は娘が置いていった洋服を引っ張り出し、若返りファッションショー!

夫に仮装大会じゃないんだからと言われ…ん~~確かに、鏡見るとひどいわ。 あはは。
いつもの着ていきました。


よくよくお話聴いてみると、おばあさまの娘、お孫さんのお母さまくらいの年代がご希望だったよう。
明るくて、てきぱき、はきはき話してくれて、大人の余裕で対応してくれる人、などなどと
そこまで求められたのは初めてだけれど、楽しみながら通ってみます。


さて、無事にアムステルダムへ着いた娘は、翌日電車で3時間近くかけてオランダ最古の都市マーストリヒトに移動。
初めてみる建物の素晴らしさに圧倒され、地域によって違う雰囲気を大いに楽しんでいるようです。

f0238932_10350247.jpg

こちらは、どこの学生でも入れる寮のゲート。
大学まで徒歩15分だから選んだのに、奥まですんごく広いらしく、中古自転車買ったそう。
この建物、実はもと日本の病院だったことが判明。竹中工務店が建ててるし。笑

f0238932_10350915.jpg

毎日、たくさんの写真が送られてきて楽しんでます。
食べ物も美味しそうなのよ~~~♪






# by parja5 | 2017-08-17 23:28 | ボランティア | Comments(0)