2013年 10月 16日 ( 1 )

日本語教師養成講座 

週1回通っている、日本語ボランティア教師のための講座。

台風でお休みかしらと問い合わせしたら「やりますよ~」って。
えーーーっ日本って真面目~私も真面目~必死で行きました!

だってね、お休みは2回まででないと修了証がもらえないんですもの。
みなさんもいらしてましたよ。

7回目の講座は教授法について。

教えるにあたってはもちろん色々と準備がありますよね。

生徒さんには教科書を準備してもらい、教える側にはなんとマニュアル本!わーい。
強ーい見方ですが、頼り過ぎずあくまでも参考程度に。

というのも、日本語は「文型」と「会話」が違うことが多い。

その上、言語が簡略化などにより変化したり、助詞をぬいてみたり。

本通りの日本語ではコミュニケーション力も上がらないとか。

先生の今までのおもしろ教授法も聴くことができました。

先生は言葉に対しては保守的だとおっしゃいます。
大学での生徒さんは8割が日本人の若い学生。2割が外国人。

今どきの言葉に「ん~」と我慢されているそう。
それでも新しい日本語の研究者でもある先生。

私が中学生のころには使い始めた「うざったい」
今では進化して「うざい」になっちゃって。

八王子の方言なんですねー。

ラ抜き言葉やレタス言葉。
若者が使う「~じゃね」「あざーっす」「ちょっとあついっすね」

あらら、どこまで日本語を教えればいいのーーーー???
「あざーっす」は絶対私は嫌だわ~。笑

必要だったら教える!
自分に言われて嫌だということも伝えれば良い!!

すべては学びたい方のニーズを聞いた上で必要かどうか勉強法を決めなくてはね。

そして、楽しくなくちゃ何ごとも続かないわ!

次回からは実践編です。


ご褒美。
毎週帰宅してからのアイスクリーム♪
f0238932_7571670.jpg

MOWは好きだけれど、これは絶品!!美味しかった~♪
by parja5 | 2013-10-16 23:35 | お教室、講座 | Comments(0)