傾聴ボランティア 1回目

80代女性宅へ。
昼間は、30代のお孫さんがオフィスにしているひと部屋でお仕事をしていらっしゃいます。

先月、ボランティアセンターの担当者と顔合わせしたときよりとても歓迎ムード。
しっかりされたお孫さんが、認知症を発症されているおばあさまにきちんと話してくださっていたのでしょう。


1年前にこの土地に引っ越したものの、いまやお孫さんだけが頼り。
お孫さんにもストレスが相当かかっています。


にしても、おばあさま、今まで1度も病気になったことがなく、健診以外に病院に行ったことがないんですって。

あーーーうらやましい!


おしゃれで、細身でしゃんっとお立ちになり、美味しい紅茶を入れてくださる。
夕食時はおひとりになるので自炊せず、焼肉屋さんや中華などのレストランでいただくのだそう。

お若い時のことを伺うと、やっぱり!

運動に貢献されてきた、ただものではありません。笑


体を動かすことは、老後に明るい未来が待ってるのね。


1時間15分も話し込んでしまいました。

お孫さんと1か月後の約束をし部屋を出て、単純な私。


はい、ジムへ行き、思いっきり汗かきました。


整骨院で、上部の僧帽筋と首と肩甲骨あたりを鍛えるよう言われて。
痛みやしびれも無くなって、ようやく運動再開。

少し姿勢にも気を付けていきましょう。


わんこたちも人間と一緒、運動が大事よね。
なかなか最近お散歩に行けて無くて可愛そうで、狭い部屋で走りっこしてます。


ジャスミンはテレビ台の前がお気に入り。
みんなの視線はテレビなのにね。ふふ。
f0238932_11144685.jpg




by parja5 | 2017-09-06 10:30 | ボランティア | Comments(0)


<< 夏休み明けアンサンブル  新生活の2人 >>