新生活の2人

8月にオランダに留学した娘。
毎日、Lineで写真をたくさん送ってきてくれて。

数日でバンクアカウントを開いたり、あっという間に生活を立ち上げて。
気づけば黙ってひとり旅に出ていた!

バスと電車を使ってルクセンブルク、フランクフルト、ロマンティック街道のローテンブルグなど。

心配すると思ったのか、数日写真だけのlineだったのでおかしいなと気づいてしまった私。はは。
f0238932_23382721.jpg

交通調べやホステル、ホテルの予約、1日は現地ツアー申し込んだりするパワーがあるのは知っているけれど。

これが私にはできないこと。

異国の地のレストランでひとりごはん。
f0238932_23393226.jpg
ん~私なら、デリを必死で買い、宿泊部屋で食べるわ。笑


日本でも、ひとりレストランはちょっと苦手。

前日引っ越しが済んだ、アメリカンふたり。
彼と午後、お世話になったYさんにお礼に行く予定だったので、当日思い立ってランチに誘いました。

ひとりで食べるより楽しいし、なんだかまだ行き違いをしているような気がしたのでね。

立川駅にて待ち合わせ。
私は無性にパンケーキ食べたかったけれど、洋食嫌いな彼。

初めてのお店。この黒豚、柔らかくて美味しかった~。
なんだか元気出たわ。
下のサラダ、おかわり自由! 生野菜だらけでおかわりできなかった。あは。
f0238932_23394314.jpg
ちなみに、彼はソースカツどん。
脂っこいもの好きじゃないといいながら、思いっきり油じゃん。
通じなさそうなので突っ込みませんでしたが...笑

とにかく、私のミッションは彼の日本語能力をアップさせること。
そうすれば、行き違いも防げるし。

買い物後、連日お邪魔しているYさんオフィスへ。

そして、彼の新居にはまだインターネットが繋がっていないので、隣の空いているオフィスを使わせてもらえることに。
もうほんとうに至れり尽くせりで。

隣のオフィスに移動後、生活の立ち上げ。
部屋の管理会社に電話したりマイナンバー問い合わせ、メールのやりとりなど
日本語のできる私がちゃちゃちゃっと。

グーグルマップ見せられて、新居の周辺のお店をひとつずつどういうお店か質問されたり。
楽天のシステム教えたり...

なんだこれ?
ウチの娘は、日本にいる間に調べ、今や自分の足を使って開拓しているのに、
30代の男って手がかかるのねぇ。


そして、私たちが、家を出て行ったことが理解できていないと聞くと
余りにも私の考えとかけ離れすぎていて、彼の人生、あまりにも周りの人たちに恵まれなかったんだと可哀そうになりました。

全ての人間は信じられない。

そして日本は本音と建て前の社会。
日本人は言っていることと心で考えていることは反対。
ずっと、使っていていいよは、邪魔だから出てけになるんだそう!!!

もちろん、数時間かけてとくと解きました。
帰るときはまるで別人の顔になっていましたけど。
これから日本で、素晴らしい経験を重ねていってくれるでしょうか。






by parja5 | 2017-09-04 00:10 | 娘のこと | Comments(0)


<< 傾聴ボランティア 1回目 いよいよお引越し >>