日本へ移住のテキサンカップル


ダラスでお世話になった大親友の30代の息子さんとフィアンセが日本へ移住してきました!

到着する羽田から聖蹟桜ケ丘行きのリムジンバスに乗ってもらいピックアップすることに。
この日のお仕事は、初めてお休みもらいました。

こちらの都合を伝えておいても数日たてば忘れるのがテキサン(アメリカン?)です。爆


最近縁が繋がってお仕事に行く聖蹟だけれど詳しくないので、とりあえず京王のパーキングへ。

バスを降りるところで待ってても、予定時間に来なくて。

心配していた所に電話が。
違う所にバスが到着していました。

バスを降りた本人が、Wi-Fiのつかえるスタバを見つけLine電話してくれて。
KFCorStarbucksの前にいるって聞いて、一瞬わからなかったけれど...

日本語はケー・エフ・シーじゃなくてケンタッキーとかケンタとか。スタバとかいうでしょう?
その英語聴いて、頭がクリア、ダラス脳になりました。あは。

にしても、日本人の私がお待たせてしまい失礼いたしました。



到着初日は、私の実家へ。
純日本の夕食、家庭的な和食が大好きなふたり。

私はフィッシュマーケット角上でお刺身と旬の鰆を買い付け。

母がその他日本的なものを作ってくれて。

実は前日の母からの電話、ピーマンの肉詰めはどう?と。

いやいや、ヘルシー好き、和食を楽しみにしている2人にひき肉はちょっとね。
ハンバーグみたいだし。
普段の普通のいつも食べている食事がベストと伝えました。

翌日だったか、朝ドラでご馳走の食卓にピーマンの肉詰めが映っていたの。
やっぱり、母たちの時代はそれがおもてなしのご馳走だったのね~。

とにかく、今たくさん畑にあるものはなす!
ジャパニーズなすは世界1です。

ナスのごまあえ、漬物、きゅうりとわかめの酢の物、油揚げと白滝とジャガイモの煮物。
お刺身に鰆の塩焼きなどなど。

お米も大好きなふたり、アメリカン航空の食事は悪くて食べなかったらしく、お腹空いたと言ってすごく食べてびっくり。
デザートの寒天ゼリーも平らげて。


2人の荷物は小さいスーツケースに、手荷物程度とマックブック2つとヴァイオリンだけ。
フィアンセは中学校の音楽教師とオケの指揮者をしていたそう。
日本での仕事も決まっています。

少ない荷物の中に、私たちへのお土産。
これ、お酒が止まらなくなるナッツ。
f0238932_02320458.jpg

トリュフ味だけれど、トリュフってって日本語でなんて言うの~?と。
トリュフはトリュフだし。。。誰もわからなくてチョコレートの味かと思って。

私が裏のシール見たら、ブラックトリュフと!
おーーそっちかーーー。すごく良い香り!
もう、ワインもスパークリングにも最高にあいます。


そして、こっちは赤ワインが止まらなくなります。
f0238932_02324995.jpg


クレームブリュレ風味のアーモンド、
リスはダラスにはおきまり。
コーヒーでも紅茶でもなんでも美味しくて。

呑兵衛の私たちのこと考えてくれただけでも、重いものを運んでくれてほんとうに嬉しかった!
日本での生活が彼らにとって貴重なもので、happyになってくれると良いな♪







by parja5 | 2017-08-08 23:47 | 日常 | Comments(0)