介護認定日と傾聴ボランティア

12日、おばさんぶるの後、義母の介護認定調査の立ち合いへ。

おととしの11月13日に事故に遭い、介護保険の申請をしたのが昨年1月。
1年ごと更新の介護保険。
前回の調査は入院先の病院だったけれど、今回は義母宅で。

毎週介護タクシーで転院先の昭島の病院へリハビリに通っている義母。
ヘルパーさんもほとんど毎日来てくれて。
ご友人方やご近所さん、親戚にと毎日誰かしらが助けてくださっているんだそう。

認定員もお墨付きの恵まれた環境でも、義母は気持ち的には大きくダウン。

話していることもびっくりするくらいマイナス思考で、ぶつけられた私は数日どっと引きずる...。

1年前よりは見違えるほど良くなったのだけれど。

家の中ではゆっくりながらも自由に歩けている。
手や腕は治らないとあきらめてきている。

現在は要介護2。どれくらい介護度が下がるのかな。



数日後、久しぶりの傾聴ボランティア。
義母のことがあって、ずーっとお休みしていたけれど再開できました。

有料老人ホームに入所されている83歳のおばあさま。
ものすごく長く海外に住まわれていたそうで、私にお声がかかりました。

認知症が進行されている中、ほんとうに楽しそうに色々なことを話してくださって。

自分でなんでも好きなことをして、自分でなんでも決断して楽しい人生だったと。

若いんだから、どんどん好きなことやりなさいと葉っぱかけられました。
元気出るな~もう!

帰宅して、床暖ぬくぬく中のわんこたちを久しぶりに、いーっぱい撫でてあげました060.gif

f0238932_15512322.jpg

by parja5 | 2017-01-16 15:27 | ボランティア | Comments(0)