思い出を語れるようになりました

人生を最も豊かにしてくれた親友をおもう日々。
亡くなってから1ヶ月、ゆかりのある友人達と、思い出を語れる機会がありました。

人と会うのも、親友のお名前を口にすることすら辛くて参加をやめようかと悩み…

でも私のスケジュールを優先してくれた上に、どうしてもお会いしたい友人も日帰り新幹線で来てくれて。

親友にそっくりの弟さまも駆けつけてくださり、涙、涙の中にも笑いあり、なんともあたたかい時間を過ごすことができました。

帝国ホテルの知る人ぞ知る、シャリピアンステーキパイも特別にいただけて。

f0238932_1122620.jpg



自宅では親友の好きなものを買ってきたり、思い出のお料理を作っていただいてます。
よくインドレストランに家族ぐるみで行きました。
辛いカレーにぴったりのインドサラダのライタ。思い出の一品。
f0238932_113810.jpg
昼から漬け込んでおいたタンドリーチキンにそえて。
f0238932_1151814.jpg
こんなときだから、娘のお弁当だけは毎日作り続けるようにしています。
作り方を教えてもらったサンドウィッチは何種類かあって。

マスタードはいつもこれ。
f0238932_118450.jpg

この日はチョップドオニオン、ヨーグルト、マヨ、スパイスなどを入れたツナにりんごのスライス。
f0238932_1192651.jpg

切り口はこんな感じ。
f0238932_1202983.jpg

なにかとパンケーキやさんも一緒に行きました。
エッグズベネディクトを求めてブランチも良く行ったので、こちらの高倉コーヒーのブランチに間に合うよう、11時に行きました!
f0238932_126969.jpg

娘とふたり、これに、ベネディクトはやめてフレンチトーストをシェア。
f0238932_125336.jpg
その後思い出話などなどおしゃべりしていたら、お腹空いてしまい、結局チキンサンドもオーダー♪

変わらず毎日涙腺弱いですが、毎日号泣は無くなりました。

またまた、とんでもなく忙しくなり飛び回ってます。
親友が使命を与えてくれたのかな。







by parja5 | 2016-05-30 01:30 | 外ごはん | Comments(0)