意外と広いお家でした

義母宅の、大がかりな不用品回収立ち合いの日。
誰もいない、自分んちでもないお家の鍵を開けて入るのは少し気が引ける。

業者さんと1時半の約束5分前に、玄関の扉を開けて靴を履いたま腰かけていたら、回収屋さん達すぐに到着。

まずは廃棄するものの確認シール張り。
先日の見積もり時よりも処分するものが増えたので、その確認。

手際が良くて感じの良い方々。

かなりほこりまみれのものはもちろん、腐ったものやカビの生えたものも絶対嫌な顔しない!

しかも分別はすべておまかせだし、なんでも持って行ってくれる。

大きなゴミ収集車2台分以上に、作業人員6,7人。
2時間半かかって終わったのは4時。

合計20万円。
ありがたくてこの上ない。

必要なものを取り除いておいて、ぜーんぶ持って行ってくれた。
がら~ん。 ものが溢れていたので、狭いキッチンだと思っていたけれど。。。
f0238932_1736593.jpg

各お部屋、だいぶ物がなくなってすっきり。

結婚して20年以上経って気づいた。
我家よりずっと広いお家でした。ははは。

ようやくリフォームが着工できるかしら。
と思ったら、リフォーム屋さんから目をつむっていた部分の書類の山を指摘されちゃって。

大事なものが入ってないか、書類の整理。

今までも、いくつもある段ボールの中の書類を整理してきて悟った。
大事なものなんてそうそうないの。

2時間くらい整理して、なんとまたこんなにいらないものがでた!
f0238932_10373184.jpg

毎週持ち帰って、我家で出している半端ないゴミの量。
近所では断捨離始めたか、転勤が決まったかと思われてそ~041.gif
by parja5 | 2016-04-06 17:36 | 家族のこと | Comments(0)


<< 冷静と情熱のあいだ おば... 初めての一時帰宅 >>