花火大会には浴衣できまり

先週のこと。
娘「今週の土曜日、花火大会に浴衣着て行くから貸してね。」
私「青春だわね~若さに暑さは関係ないのね。
  で、誰が着せるの? 私?それとも美容院行くの?」
娘「友達は自分で着て行くって言ってたから、動画見れば簡単でしょ。」

翌日。。。
娘「動画みたけど、さっぱりわからない。無理!」
そうよねぇ~お友達は茶道部だし、そんなに簡単に着られるわけないじゃない。(心の中)

結局私の出番よ。
前日飲み会で12時過ぎに帰宅したのでふらふら。
もうね、彼氏でもいてデートだったら私も気合いが入るけれど、女の子数人で行くならこんな着なくて・・・・ぶつぶつ。

できたーーー!わ~い。
30分もかからず。
f0238932_16523249.jpg

着付け教室やめてけっこう経っているけれど、案外憶えているものね。
達成感!後ろ姿、可愛いわよ~。
衣紋が抜けきらなかったかな。

とても暑い上に、遠い隅田川の花火大会に行くというので下着はタンクトップにして帯板もなし。
相当歩いたらしいけれど、帰宅しても崩れてなくてびしっと着られてました072.gif

私が娘の年齢の頃に作った浴衣。
私が着ることも無いでしょうから、若い人にどんどん着てもらわなくちゃ。
by parja5 | 2014-07-29 16:51 | 娘のこと | Comments(0)


<< 女子会 atrioにて フルート吹きのための譜面台 >>