在宅傾聴ボランティア

月1回2人ペアで訪問している、80歳代の男性宅へ。

この日のパートナーさんは、いつもお話をすることはあってもご一緒したのは初めて。

2人でお部屋に入ると、堰を切ったかのように今朝お友達が亡くなったという話。
沈んだお顔でしばらく話されると、無言。そしてまた自分の想いを話される、そして無言。。。

私はもうそろそろ話題を変えてもいいのではと思っても
パートナーさんはまだ「〇〇さん、ほんと寂しいわね。」と続けます。

そうすると、他の思い出話がどんどん続き、顔の表情がいきいきと!

いや~驚きとともに勉強になりました。
つい、沈みがちな話題をなるべく早めに切り上げようとしたり、明るい方に持って行こうとしたりする自分に反省。

傾聴はじっくり耳を傾けることが基本なのはわかっていても、ベテランパートナーさんに助けられました。

後半は、他の不満なお話をされながらも笑いっぱなし。

帰りは自転車置き場まで見送りに来てくださったのに、私がお部屋にバッグを忘れてきちゃって!

最後は本気の大爆笑されていました。あはは(汗)


バッグを忘れちゃうくらい、この日は過密スケジュール!
自転車だと、効率よくまわらなくちゃ。

今週母と私の時間が合うのは、この日の15分だけ!
急いで実家に訪れ、時間が無いのでお互い要件をしゃべり続ける。

仕事をしていた父が「もう台風が来たのかと思った」ですって。

母は車ででかけ、私はママチャリで近くの駅ビルへ。
駆け足でショッピング。雑貨用品や化粧品など調達。

そしてまたママチャリ吹っ飛ばして、地元の駅近くで買い物。
桐谷さんのように立ちこぎしたい気持ちを抑えてね、すっとばす。。。。

帰宅して夕食作り、お腹いっぱいの夜6時半に家を出て自転車で日本語ボランティア講座へ。
この日はみっちり、グループ討論をしました。

夜、さすがに足が筋肉痛。。。。037.gif

かぼちゃより大きい人参~!!!
f0238932_17191763.jpg

by parja5 | 2013-10-23 16:45 | ボランティア | Comments(0)


<< おばさんぶる とろ~りプリン 寒い日でもぽっかぽか >>