日本語ボランティア教師養成講座

9月から日本語教師養成講座に通い始めました!
日本語ボランティア活動のための基礎コース全13回です。

ダラスのコミュニティカレッジで英語を学んでいるとき、将来の夢を尋ねられると言っていました。
「日本へ帰国したら外国人に日本語を教えま~す!」と。

え~英語を教えて~と先生にはずっこけられてましたけどね。
でも外国語を学ぶのがどんなに大変か、そして必要かよくわかりますもの~うふっ。

今教えることはできなくても、日本語を違う角度からみて新しい発見があるのも楽しそう!!

気軽な気持ちで受けてみたら、なんと中身の濃い講座。
生徒さんも60人近く。

先生はその道ではかなり有名(らしい)な方々6人が日替わりで教えてくださいます。

初日はシラバスから始まり、文法の基礎、語彙の特徴、文字などを学んできました。
毎回興味深くて寝ている間もない、あっという間の2時間!!

実は講座は夜7時からなので、たまに居眠りしている方も。

夕食いただいてから行きますからね。
家族は帰って来ないので、先にひとり夕ご飯。
f0238932_16383974.jpg

最近また暑いので、無性にいただきたくなったタイ料理のガパオライス。
半分ジャスミンライスに。

バジルが無かったのでパセリで代用。
玉ねぎやピーマンも無くて、ネギにナスに人参。タイからちょっと離れちゃったわ。

卵とろ~ん相性ばっちり美味しい~~~。


この日の講座はもう6回目!
テーマは音声の基礎知識。

プロになるための講座は最低でも10時間するところをたったの2時間で。
進みが早いので、集中して聞きとります。

日本語の特徴、有声音と無声音。
アクセントやイントネーション。

1番外国人が大変なことは、発音した言葉と文字とが一致しないことらしい。

たとえば、ありがとうが「ありがとー」、おとうさん「おとおさん」などなど。
「~です。」と「すいか」の「す」の違いとか・・・・。

「ん」だけで7種類もの発音があるのだそう。

毎回頭がこんがらがってきます。笑


無意識を意識化することが大事!!なんだそう。


特に面白かった話。
日本語を母語として話すひとは、拍を2つずつにまとめてリズムを安定させる傾向があるという。

農耕民族だから? 盆踊りや阿波踊りは得意??
ちなみに韓国は3拍子らしいです。

日本語は8分音符で表せるそう
分かりやすい例に目からうろこ。

数字や曜日を言うときも無意識に2拍で言っているーーー大いに納得。
ポケモンやミズタクとかまとめちゃうし。

最近は3拍子のスマホやマクドが流行りつつある!??

日本語はどんどん変化していき、昔ながらの言葉も失われていく残念な部分はあってもそれはそれ。
今使われている、使える日本語を教えることが重要なんですね。

前回のとき、送り仮名や書き順、常用漢字が変わっていることも新発見でした!

来週もどんな新発見が待っているかしら♪
by parja5 | 2013-10-10 09:00 | お教室、講座 | Comments(0)


<< ワンプレートランチ お弁当 ナスとかぼちゃ >>