スーツケース キャスター 修理

今日の着付け教室は、先日購入した新しい帯を持参。
気合いが伝わったのか、みっちり教えていただきました。

お休みの方が多かったので、なんだか個人レッスンみたい060.gif
大分上達してきたけれど、次は1カ月後。
復習しなくちゃ忘れちゃうわね006.gif

さて、午後からはスーツケースを修理してくれるところを探す。
夫の機内持ち込み用の小さいスーツケースのタイヤが、先日の出張で破損。
f0238932_16401827.jpg

アメリカで買ったサムソナイト。
まだ1年半くらいの新しいものだけれど、日本てよく歩くせいかこんなの初めて。
アメリカではタイヤが壊れる前にボディーが壊れてたわ。

ネットで調べて近くの鞄修理屋さんに電話してみても、スーツケースを扱っていない。
あちこち電話してみてたどり着いたのが、サムソナイトの立川グランデュオ店。

そこで修理専門コールセンターの番号を教えてもらいまた電話してみる。
バッグの型番など矢継ぎ早に色々訊かれて、やっと修理代金が訊けた。

「集荷お届け込みで8400円からですが、3週間後に価格が確定いたします」

は?
たった1つのタイヤ交換だけで??
保証書でもあればまた違ったよう。

1カ月以上も入院したら、次に使えないじゃない。
ちょっと足したら新しいの買えちゃうじゃない。

買っても、日本だったら1年後にまた壊れちゃうの?

なんてエコに反してる!(ただ安く済ませたいだけね)

納得がいかずにまた調べ続けて、茨城の谷水かばんというところに電話してみる。
「海外で購入したものなんですが・・・・」
サイズを訊かれた後、
「大丈夫です。そのサイズならタイヤ1つ1050円です。1日で作業します。」
「えーーーっ!!助かります!!」

早速直してほしい所や住所などを記入した紙をスーツケースの中に入れて、佐川急便に集荷を依頼。
すごいね~日本て。1時間も経たないうちに取りに来てくれた。
往復送料と代引き料金が2415円とあとは肝心のプラス修理代。

もう片方も壊れそうだったので2か所お願いすることにした。
あとは戻ってくるのを待つばかり。

言葉が通じるってほんとうにいいね~049.gif

後日談・・・・・金曜日に送って、指定した翌週の火曜日に戻ってきました。
電話で伝えた元のものより大きい50㎜のものがついていて金額はタイやひとつにつき2205円でした。
5mm違っただけで1050円とは随分金額が違う!と思ったけれど、最初のタイヤよりはずーーーっと丈夫そう。

しょっちゅう使用するものだから、立派なものがついたと夫は満足気。
なぜか20円計算が違っていて、最終的には合計6845円と当初より予算オーバーめ。。。

代引きだったので宅配便の人に金額の違いを伝えたけれど、お店へ直接言ってくださいと言われ支払いを済ませました。
まぁ夫は喜んでいたのでもういいかしら。
by parja5 | 2013-02-28 16:28 | お教室、講座 | Comments(0)


<< お雛さま フルートアンサンブルレッスン >>