お犬さま帰国

書類の山から解放されました。
f0238932_5561746.jpg

わんこ達を日本へ帰国させるための書類。
日本の検疫所に、スキャンした書類を確認してもらったりなどなど、メールのやりとり10回以上。

2匹の我家のわんこたち、無事に日本へ帰国しました!
夫の出張も兼ねて、1人で2匹連れて行ってくれました。

わんこたち私の実家で元気に走り回っているようです!
あ~ほっとしましたー。

そもそもアメリカン航空が動物の搭乗を全面禁止にしてしまったところから、色々と大変なこととなってしまいました。
その上ボストンテリアは鼻ぺちゃのショートノーズ犬。

旅行会社に問い合わせて、最初の返事はショートノーズ犬はすべてのアメリカ国内線には乗れませんと。
ダラスからの直行便はアメリカン航空しかないし・・・。
経由が無理なら車でヒューストンかどこかまで行って国際線に乗ればいいのかしら?

もうどうしましょーーー日本から連れてきたのに今さらダメって言われてもねーー。

あちこちの航空会社のHPを見まくりましたよ。
犬のことについては英語のサイトしかなかったりで、頭痛くなってました。

でも!ユナイテッドなら10月と11月なら乗せてもらえること発見!
証拠HPを添付して旅行会社に送りました。
名誉のために、旅行会社に非はありません。
問い合わせをしてくれた先の航空会社の担当者が悪かったのです。

週に3便しか飛んでないユナイテッドで、サンフランシスコへ行き、JALで帰国することに決定!
ようやく便が決まったのは、2週間前。

検疫所には40日前までに届け出書を出さなくてはいけません。
しかも成田到着だと思っていたので、成田の検疫所とやりとりをしていたけれど、サンフランシスコJAL便は羽田到着!

書類が増えました。。。。
ただでさえ2匹分で倍かかるのに。

10日くらい前には獣医の診断を受けなくてはなりません。
f0238932_6173984.jpg

ハロウィーン気分ね。
f0238932_618758.jpg

ここの獣医さんは、日本独自のシステムをわかってくれています。
狂犬病のない日本は、狂犬病の抗体価検査などの複雑で面倒な手続きが必要になってきます。

抗体価検査の時の記事はこちら☆

獣医に記入してもらわなくてはならない6枚以上になる書類も、前日渡しておいて準備万端。
請求額は270ドル。相場はわかりません。

言葉の通じない私によく付き合ってくれた動物病院とお別れは寂しかったです。
受付の女性方や先生、スタッフの方々に感謝。

そして獣医さんからもらったものと私が準備した書類一式を、オースティンにある政府の機関に送って、証明印をもらわなくてはなりません。

翌日フェデックスで送り、至急手続きをしてもらってフェデックスで返送してもらいます。
こちらは確か110ドルくらい。 ハンコ押すだけなのに・・・。
土日を挟んだために、戻ってくるまでに4日間もかかりました。

完璧な書類が揃わないと、日本の空港で係留することになってしまいます。

出発前日。すっごく寒かったんです。
ここまできたのに、航空会社の温度規制にひっかかるのではとヒヤヒヤしました。

わんこに服を着させてあげようとしたけど、テキサススタイルになってしまったわんこたち。
f0238932_6532074.jpg

3年前に日本から持ってきた服がちっちゃい。ぶぶぶ。
f0238932_6544862.jpg

そしてお友達から教えてもらった方法。トイレシートをまきまき。
f0238932_6511434.jpg

ケージの中にテープで止めて敷いてあげて万全の支度できあがり!
これなら暖かそう。

食事制限をしたので、結局ケージ内は最後まで全く汚れなかったようです。
f0238932_6555299.jpg

出発当日、わんこと夫とお手伝いくださった会社の方は自宅を出て、私は自宅待機。
心配していたところに、空港にいる夫から連絡が。

小さい方のケージが規格外で乗せられないと!!
えー数日前に買った新品よ。

しっかりとビスが止まってないといけないとか。
ユナイテッドの担当者が親切な方だったようで、機内持ち込みなら安く済むし乗せられると。

ただ、JALは機内持ち込みはできないし、規格もわからなかったので、ユナイテッドで販売しているケージを購入することに。 54ドル。これだけ現金のみ払い。

カード生活の私たち普段現金持ってません。
会社の方ATMへ現金おろしに行ってくださる。
いつも通訳などなどお世話になっていますが、今回も大変お世話になり、お陰で無事にわんこたちが帰れたようなものです。

もし私が空港へ行っても、何もできずうろうろするだけだったでしょう。
私はサンフランシスコまで付き添いする気満々だったんですよ。
でも何ができるって・・・空港でわんこたちとのお別れ会するか、サンフランシスコ観光くらいしかできないものねぇ。

ユナイテッドのお犬さま搭乗1匹につき250ドル、2匹で500ドルでした。
温度調整されている、貨物室に乗ります。

トイレを我慢させるのはかわいそうだと思い、お水の準備をしなかったけれど、ユナイテッドの規定によりお水をケージに入れられました。

サンフランシスコに到着し、スーツケースは受け取れず羽田直行。
わんこたちのみを引き取り、夫がどうしたものかと立っていたら、わんこ広場があると教えてくれた係りの人。

そこでトイレをしたり休ませたりして、JALに乗り継ぎ。
JALのカウンターまで行けば日本人だと思いきや、わんこ担当はアジア人。

ショートノーズだから乗せられるかどうか確認すると言い出して、夫は冷や汗。
ボストンテリアはOKよ!
JALの方はお犬さま2匹で350ドル。 重量によるとか。

羽田到着は夜の10時半過ぎ。

検疫所ではマイクロチップの確認などをし、何事もなく通れました。

わんこたちとスーツケースとで荷物いっぱいの夫に、JALの人が出口まで一緒に荷物を持ってくれたそうな。
そして迎えに来てくれていた弟の車に乗り、真夜中私の実家に到着しました!

わんこがいなくなって家が無駄に広く感じます。
物音がすると怖いっ。


人気ブログランキングへ
by parja5 | 2011-10-30 17:00 | いきもの | Comments(6)
Commented by pikaucci at 2011-11-04 16:02 x
こんにちは。わんこ達を帰国させるってどうしてなんだっけ?と過去記事を探したのですが、どうにも見つけられず・・・。parjaさん帰国されるんですか?それにしても手続き大変でしたね。犬の手続きだけでもそんなに手間のかかる事なのに、人間はもっと大変なのかと考えると・・・うわぁって感じです。可愛がっているわんこ達が傍にいないと寂しいと思いますが、元気だしてくださいね!
Commented by parja5 at 2011-11-05 05:11
pikaucciさん、過去記事探してもらっちゃってごめんなさ~い。
色々と事情がありまして、公にはなかなかね。
そのうちお知らせしますが、来年帰国します。

人間さまは会社が色々としてくれますけど、お犬さまは個人の問題なので最初はどうなることかと思いました。
後のことはきっとなんとかなるでしょう・・・・願望??
Commented by Reiちゃんのお母さん at 2011-11-06 22:20 x
無事帰ってきたのですね、わんちゃん達。
ご主人一人で連れ帰ったなんて凄い! 流石ですねー。
ネットでの手続きもやり直しが多くて大変だったでしょう。
連れて帰ってきたのはご主人様でしょうけれど、ネットでの申請手続き頑張ったんでしょう。ご苦労様でした。
賑やかな子がいなくて寂しいよね。
Commented by parja5 at 2011-11-07 14:10
Reiちゃんのお母さん、無事我家のわんこたちも帰れましたよー。
ネットでやりとりしていて、日本の細かさをつくづく思い出させられました。
色々と教えてもらっていたので心強かったです。
ほんとありがとね!

ところでイタリア楽しまれてきたー? いいな~♪
Commented at 2012-03-23 08:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by parja5 at 2012-03-24 09:16
ducaさん初めまして。
1才のボステリちゃんいらっしゃるのですね♪
ユナイテッドと不確かですがデルタも大丈夫だったのですが、どちらも時期が秋の3か月のみでした。
日本の航空会社はどうでしょう。
年々航空会社の対応が厳しくなっていき、帰りが特に大変になってしまいました。
でも日本の検疫所の方々もとても親切ですし、なによりわんこと一緒の方が数倍楽しいです。
アメリカはボステリとっても多いですし。
デトロイトで理解のある獣医さんがいらっしゃるといいですね。
わんこたちは、飛行機に耐えられるかとても心配でしたけれど想像以上に強い生き物でした。
なにかありましたらいつでもまた連絡くださいね。


<< ハロウィーン ダラスちょこっと日本気分 >>