ボランティア

今日は日本語を第2外国語として学んでいるハイスクールの生徒たちと、日本語をバシバシ使っておしゃべりしてきました。

残念ながら私の住んでいる市は日本語の授業を選択することはできないのですが、ダラス周辺の市のいくつかの学校では学ぶことができるんです。

その日本語を勉強しているいくつかの学校が、毎年合同でイベントを行います。
日本語を教えていらっしゃる日本人の先生方、てきぱきされていて生徒からも人気の様子。かっこ良いです。

生徒達は、エンタープライズシティといって、写真館や神社、ラジオ局や着付けやさんなどの様々なお店が並ぶ小さな町で、日本語のみを話し、手作りの円を使って買い物をしたり、日本の文化に触れたりと模擬体験をするんです。
市長さんや英語を使った人を取り締まる警察官までいるんですよー。
f0238932_12395673.jpg

f0238932_12141475.jpg

施設は模擬とはいえ結構きちんとしています。
室内の回りにぐるっとお店が仕切られてあります。

こちらは。。。
f0238932_122028100.jpg

そう!銀行ね。(笑)
ここは。。。
f0238932_12225532.jpg

Tシャツやさん。私はここのお手伝い。

半分の人がお店やさんになって働き、半分の人が買い物や体験をします。
文化体験は、お習字や俳句、折り紙や着付け、おみくじまでできます。
その後総入れ替わり。全員が両方の立場を体験。

Tシャツを買いに来た人に好きなデザインを選んでもらってプレスします。
f0238932_12285599.jpg

可愛いデザイン。生徒が描いたんですって。
びっくりしてその女の子の絵を褒めたら、とーっても嬉しそうでした。

生徒達は日本語を勉強して3年のハイスクールの生徒たちです。
なかなか難しいことは伝わらないけれど、やはりアニメが好きな子が多いんですね。
とっても人懐っこい子ばかり。

真っ赤な顔になりながらも一生懸命日本語を話してくれたり、男の子なのにピンクの浴衣に赤の帯をして嬉しそうに、見せてくれたり。
素直で可愛い子ばかりなんですよー。あーすっかりおばさんの域だわ。(笑)

最後に賞状と、本格的な日本食屋さんすしさけのお寿司弁当いただけちゃいました♪

そして本当の最後、施設を出る時同じ担当だった男の子が顔を真っ赤にしてお礼を言いに来てくれたんです。
おばさんにはたまりませんでしたわ。

人気ブログランキングへ
by parja5 | 2011-02-10 22:00 | ボランティア | Comments(0)


<< 送別会  オリジナルパンケー... 再び >>