おばあちゃんの手作り

ハロウィンのかぼちゃを、何軒かのお宅の玄関先でまだちらほら見かけるのに、もうクリスマスグッズの飾りをグロッサリーストアで見かけました。
f0238932_1282312.jpg

1年ってほんと早いわ~。

クリスマスも、このストアとも全然関係無いけれど、チャーシュー作りました。

f0238932_12374232.jpgf0238932_12282026.jpg

塊がおおきすぎて良く分からないけれど、とにかく特売品だったみたい。
1.6キロぐらいで7ドルちょっと。これはお安いでしょう?

タコ糸で縛らずそのままフライパンで焼いてから、お鍋で煮ました。
ゆでたまごも入れて。

角煮が好きだけど、脂身の少ない塊はチャーシューの方が美味しいかな。
f0238932_12533018.jpg

日本からの出張者からありがたい差し入れ、喜多方ラーメンに入れたり。

翌日はお弁当のサンドウィッチの具にしたり。
そのまた翌日は、チャーハン。

最後は奥のお皿、切るだけサラダ。おつまみに最高♪
このお料理写真、なんだかすごいグリーン色ね。
f0238932_12545478.jpg

豪華そうで実は手抜き? 数日楽できま~す。

娘とチャーシューって中国でも食べるのかな~と話していた数日後。。。

アメリカに来て3カ月の中国人の女の子ルベッカから、娘が肉まんをもらって来ました。
おばあちゃんの手作りなんですって。
f0238932_13243033.jpg

皮まで手作りでもっちもち。
家庭の味ってこんなに薄味で美味しいんですね~。
いくつでもいただけちゃう感じ。

ESLのクラスでブラジル人の男の子が、その来たばかりのルベッカがいないときに、英語のアクセントをばかにしたように真似して、南米系の生徒たちが笑うということが数日続いていたそうです。

嫌気がさした、中国人の男の子が注意したところ「おまえ、その子が好きなんだろう。」
と言い返され、その時は南米系5人対中国人の男の子1人のティーンエイジャーたちの言い争い。

み~んな英語はESLレベルなのにね~。

もっと嫌気がさした娘が、なんと参戦!
ブラジル人の男の子に対し「そんなこと言って何がおもしろいの?」と。
ブラ男「ルベッカは気にしてないから何が悪いんだよ。」と言い返す。
娘「私が気にする!」

大人しい(ほんとです)娘が言ったので、その後、み~んな何も言えなくなって黙り、中国人の男の子からお礼を言われ、その詳細がルベッカに伝わり、と~ってもお礼を言われそうで、肉まんが来ました。

ルベッカは中国では、日本人は怖い、悪いと思いこんでいたそう。

留学目的で親戚宅にいるようだけど、アメリカに来てみると、テキサスに住むおばあちゃんや親せきにクラスに日本人がいると話したところ、「あら~日本人は良い人よ。同じクラスにいて良かったね~」とみなに言われ、びっくりしたとか。

1週間前に来た、また別の中国人男の子。
数日前に話しかけたら、思いっきり無視されたそうな。

でも昨日あたりから、娘に少し笑うようになってきたって。
日本人は怖くないのよ~。(笑)


人気ブログランキングへ
by parja5 | 2010-11-08 23:58 | 家ごはん | Comments(0)


<< 贅沢な夕方 通りすがりに >>