テンポラリーの運転免許証

コミュニティカレッジのクラスは3日目にして、初日の30人から18人に減りました。
どんな理由であれ、先生の承諾により他のクラスに移動することができます。

前のクラスより急にレベルが上がってしまった感じ。
電子辞書使いまくり。

もう1度前のクラスを受け直すか悩むところだけれど、このままなんとか頑張ってみようかな。

午後は夫と一緒に私の運転免許の手続きへ。

その前にカレッジの近くのレストランで待ち合わせて腹ごしらえ。
がっつり食べたかったので中華のYao Fuziへ。
店内は落ち着いた感じで、味も日本人向けな上にサービスも良いです。

ランチをオーダー。スープかサラダを選べます。
私はスーランタン、夫は卵のスープ。
f0238932_6462373.jpg

ここのスープ美味しくて病みつきになります。
ずいぶん減ったあとに、夫が写真は?と言ってくれました。

そしてオレンジソースのビーフ。
甘くて、辛くてお肉もすっごく柔らかいんです。
f0238932_6504064.jpg

今晩もスポーツクラブ行きは確実ね!

さて、市内の運転免許の手続きができるオフィスへ。
f0238932_6565472.jpg

こんななんでもない建物なのに、テキサスへ来てすぐに嫌な思いをしたところなので、2度と見たくなかったけれど、しょうがなく行きました。

アメリカは州によって運転免許証や細かいことが異なるようです。
国外からの転入だった私は、免許取得には筆記試験と実地試験が必要でした。

筆記試験と言っても、コンピューターに向かっての4択。ゲームみたい。
昔の日本の黒電話みたいな受話器を取ると問題がアナウンスされるので聞きながら進めていきます。

英語なので全然何言っているのかわからなくて(州によっては日本語で受けられるところもあるようです・・・ずるい!)間違ったボタンを押すとブーッなんて鳴って軽いパニックになったので、受話器を置いて画面の文字だけを見ました。

用意周到な夫がほんとに呆れていたけれど、一夜漬けの勉強。
辞書(電子辞書は禁止)持ち込みOKだったので、1時間以上かけてカンに頼ってなんとか1度で合格~~♪

受かったその日の午後に実地試験を受けたら、見事に落ちました。
3日後に受け直して、合格したときはほんと嬉しかったーーーー!!

日本でよく運転はしていた私に向かって、落とした教官に、なにさまよ~ってもちろん言えませんでした。

私の4倍くらいあって、声が私の5倍くらい大きい黒人女性。
試験は自分の車持ち込みなので、私の車の中で、隣に座ってお菓子ボリボリ。
アメリカに来てまだ1週間くらいだったので、何言っているのかさっぱりわからなくって怖かった~。

先に渡米して免許を既に取得していた夫が、自分の免許証の住所をオフィスから自宅住所へ変更する必要があったので付いてきてくれて、私に様々な手順を先に教えてくれる予定でした。
それなのに、私が筆記試験を受けている間になんと!保安官に数時間拘束されるハメに。

I94のビザの部分を、偽造して書き足したと疑われて!!
ほんとうは、学生ビザじゃないのかって疑われて!!!

I94って入国する時に、手書きで記載されるんです。雑な字で。
でも、パスポートにはきちんと発行された正真正銘のビザがあるのでそっちが正しいはずでしょ。
とんでも無い国に来ちゃったな~ってその時は思いました。

保安官は電話のつながらない移民局に、数時間かけて確認。
でも結局、電話はどんなに経っても繋がらずなぜか夫は解放されました。

私が実地試験に落ちた後に、カウンタ―内に隔離されていた夫は無事に戻ってきました。
娘はずーっと、ずーっと1人待ち。たまに3歳くらいのインド人の子と遊んでいたそうな。

で、今日の手続きは、免許の有効期限は5年あるのですが、私たちみたいな一時滞在者はテンポラリービジター用の免許証があって一般のものと異なるんです。
普通は横向きなのに対して、私のは縦。

2008年の確か10月、私が渡米したちょっと前に制度が変わり、免許証に記載される滞在期限日がI94の入国日から2年後に設定されることになってしまいました。

ちょっとややこしいけれど、つまり、2年以内にアメリカ国外を出てI94の書き換えをして入国日を延ばし、免許証に記載される滞在日期限の部分だけをアップデートしてもらうという、とても面倒な手続きを一時滞在者は必要となりました。

私はソーシャルセキュリティー番号を持っていないし、アメリカって新しいことや少数派のことに対してルーズだし、ここは嫌いな場所だし。。。。

でも、受け付けてくれた人が、すっごく親切な人であっけなく無事終了。
ソーシャルセキュリティー番号が無くても、夫の給与、雇用証明があれば受け付けてもらえました。
これで30日後に、きちんと新しい免許証が届くのを祈るばかりです。

でもねぇ、私の最新のI94の入国日は、昨年のクリスマスにカンクンへ行った時に書き換えられたものなので、その2年後となるともう来年の12月なんです。

なので、今後また 来年の最低でも11月までにアメリカ国外へ行き、I94の書き換えをしてもらって、また同じ手続きをしなくてはなりません。11ドル払って。

しかも手続き中の30日間に国外へ出てしまうと、確認作業ができなくなるので、再度手続きが必要になる可能性があると聞いたので、夫は出張のことも考えて慎重に手続きをする日にちを決めてました。

一般の人は、5年後の簡単な更新のみで、国外も一生行かなくてもOK。
システムが変更になってまだ2年経っていないので、今回のような手続きをした日本人の知り合いは周りにいません。
変更になったばかりの時に免許を取得された方で、一般のものが届いたラッキーな方もいます。

この変なシステムに気づいている人はまだきっと極少人数。
絶対おかしいょぉ。。。。

人気ブログランキングへ
by parja5 | 2010-09-15 23:21 | 日常 | Comments(0)